スポンサードリンク

竹本宗一郎(ナイトカメラマン)の経歴や学歴は?本業や作品も調査!

エンタメ
 
日本のドキュメンタリー番組で最も有名と言える番組が、「情熱大陸」です。

 
 
 
この2019年8月25日の日曜日に放送されるのが、

 
「ナイト・カメラマン」と呼ばれているカメラマンの竹本宗一郎さんです。

 
 
 
竹本さんは日本で唯一の闇に特化したムービーカメラマンですが、それは一体何でしょうか。

 
 
 
竹本宗一郎カメラマンについて、紹介していきます。

 
 


スポンサードリンク


スポンサードリンク

竹本宗一郎(ナイトカメラマン)の経歴や学歴などプロフィール!

「株式会社ゼロ」という会社の経営もしつつ、

 
世界中にとんで闇の中の真実を美しい映像で撮る竹本宗一郎さんの、

 
プロフィールからみていきましょう。

 
 
 
・竹本宗一郎(たけもとそういちろう)

・1968年生まれ、2019年現在51歳

・東京都出身

・大阪芸術大学芸術学部映像専攻卒業

 
 
 
世界各地の絶景を舞台として、
 
たくさんの「タイムラプス撮影」(カメラ用語で低速度撮影)をてがけ、
 
天文ファンのために月刊誌「天文ガイド」も執筆しています。
 
 
 
経営している会社「株式会社ゼロ」は創業が1997年、東京の吉祥寺にあります。

 
 
 
竹本宗一郎さんは大阪芸術大学の芸術学部・映像専攻を卒業されています。
 
 
 
その後、日本の最大手プラネタリウムメーカーである株式会社五藤光学研究所に入社し、
 
プラネタリウムで上映する番組の演出を担当していました。
 
 
 
1997年に独立し、夜に特化したカメラマンとして天文や宇宙、自然科学分野の

 
各種特殊撮影で高い評価を得ています。

 
 
 
彼は微細な星や石がはっする自然光などをキャッチして最大限に増感させ、

 
まるで昼間のように夜を切り取ることが出来ます。

 
 
 
氷河の上を変化していく流星群やハワイ島のマグマと天の川、
 
南米の離島では大量の発光微生物とスイマーの共演など、様々な美しいものを撮影してきました。
 
 
 
まだ少年だったころ、天体観測を口実にして夜中に遊びまわっていたとき、偶然蛍に遭遇します。

 
 
 
その時以来、闇の中にある「美の存在」を意識し始めたそうです。

 
 
 
闇を邪魔しないために今では黒い服しか着ないという竹本さんの最初の感動は、

 
夜の中光りながら飛ぶ蛍でした。

 
 

スポンサードリンク


竹本宗一郎(ナイトカメラマン)の本業は何?

少年の頃に、「天体観測」を口実に夜遊びをしていたという竹本宗一郎さん。

 
 
 
そのときに偶然”ホタル”に遭遇します。

 
 
 
そのときから闇の中にある”美の存在”を意識するように。

 
 
 
竹本宗一郎さんがナイトカメラマンになるきっかけは、ホタルだったんですね。

 
 
 
それにしても夜遊びって、何歳のときなんでしょう。

 
 
 
大阪芸術大学では映像専攻。

 
 
 
卒業後は、最大手プラネタリウムメーカー「五藤光学研究所」に入社されてます。

 
 
 
この頃は、施設で上映する天体の番組演出を担当していたそうです。

 
 
 
1997年に独立を果たしています。
 
 
 
夜に特化したカメラマンとして天文・宇宙・自然科学分野の各種撮影分野において
 
高い評価と信頼を得ています。
 
 
 
竹本宗一郎さんは、

 
”星・宇宙・自然をフィールドにする映像プロダクション”である会社を立ち上げています。

 
 
 
会社の詳細は下記の通りです。

 
 
 

竹本宗一郎さんの会社

 
会社名 株式会社 ゼロ (ZERO Corporation)
所在地 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-35-14 M403

TEL (0422)29-7475

創業 平成9年8月1日

代表者 竹本 宗一郎

資本金 10,000,000 円

業務内容 映像制作、書籍雑誌の編集や出版、天体撮影コンサルティング

 
 
 
業務内容はざっくりと記載させていただきました。

 
 
 
この他にも、プラネタリウムの組企画・制作・シナリオ作成をしたり、

 
TV・CM等の企画・制作・特殊撮影や映画などの天文監修もしたりされています。

 
 
 
天体撮影機器の企画・販売や天文関連映像素材レンタルもされていますよ。

 
 



スポンサードリンク


竹本宗一郎(ナイトカメラマン)の作品や評判が気になる!

HPなどでとても美しい写真や動画を見ました。

 
 
 
写真集ってないのでしょうか。

 
 
 
残念ながら、写真集はないようです。

 
 
 
ですが、美しく撮影するテクニック本はあったで紹介します。

 
 
 

「ナイトタイムラプス撮影テクニック」の口コミ

 
とても詳しく各カメラメーカーの特性が書かれてます。

 
 
 
リモコンの設定なども詳しい解説。

 
 
 
今まで色々な星景写真の解説本を買ったがこれが一番よい。

 
 
 
入門の入門書的なものでしょうか。

 
 
 
どう言った用語を知っておくべきか知識を得る為の入門書的な内容です。

 
 
 

「タイムラプス動画撮影テクニック」の口コミ

 
カメラにタイムラプス機能が付いていて最近始めました。

 
 
 
撮影場所選びから解説があって大変参考になりました。

 
 
 
iPhoneにも撮影機能が追加されるなど、注目のタイムラプス動画。

 
 
 
その話題性から本書を購入してみました。

 
 
 
内容は、多少のカメラ知識があれば、撮影テクニックが一通り身につくものとなっています。

 
 
 
本にアドレスが書かれている(秘密の?)

 
Webページで10本以上の作例動画が公開されているのもにくい演出ですね。

 
 
 
最近はやりのタイムラプス撮影の方法をここまで詳細に記述している書籍は

 
他には無いと思います。

 
 
 
非常に参考になります。

 
 
 
どちらも撮影テクニックの書籍ですね。
 
 
 
写真の記載もあるし、動画を見ることも可能なようです。

 
 
 
どちらも初心者向けって感じですね。

 
 
 
中級・上級者向けの本も作って欲しいなんていう声もあります。

 
 
 
それだけ、分かりやすい作りのテクニック本になっているようですね。

 
 
 

タイムラプスって何?

 
「時間の経過」を意味する英語「time lapse」から来ています。
 
 
 
その名前の通り時間が経過する様子を早回しで見ることで、
 
そのようなことができる動画を「タイムラプス動画」。
 
 
 
またそのような動画を撮影することを「タイムラプス撮影」といいます。

 
 
 
微速度撮影、インターバル動画撮影などと呼ばれることもあります。

 
 
 
デジタルカメラの多くの機種で、このタイムラプス撮影機能が搭載されています。

 
 
 
スマホでも撮影できるということですから驚きです。

 
 
 
暗闇の魔術師といわれる竹本宗一郎さんの写真や実力を見ていきましょう。

 
 
 
昼から夜に移り変わる映像は、まるで世界が変わるように見えます。

 
 
 
雷雲が流れる映像は、雲が無くなるまでのシーンが非常に印象的ですね。

 
 
 
まさに息を飲む美しさ。

 
 
 
竹本宗一郎さんは執筆もされています。

 
 
 
『ナイトタイムラプス撮影テクニック』というタイトルで、

 
タイムラプスに必要な機材やカメラの基本操作などを紹介しています。

 
 
 
高層ホテルや極寒の北極圏で撮影シーンを狙ったり、

 
かなり幅広いシーンに対応した内容になっているみたいです。

 
 
 
ナイトタイムラプスを始めようとして、既に購入済みの方も多そうですね。

 
 

今回のまとめ

 
ナイトカメラマンの竹本宗一郎さん。

 
 
 
自身の会社「株式会社 ゼロ」を立ち上げ、

 
映像プロダクションとして経営されていることが分かりました。

 
 
 
写真や動画を美しく撮影するテクニック本を出版しており、評価も好評のよう。

 
 
 
番組では、ツチボタルの撮影に挑むようですね。

 
 
 
美しい映像が見れそうです。

 
 


スポンサードリンク

コメント