スポンサードリンク

ちゃんみな(JKラッパー)って誰?本名や楽曲は?韓国とのハーフ?

歌手
国内外で活躍されている若手アーティスト、ちゃんみなさんをご存知でしょうか?
日本語、韓国語、英語を巧みに操るミレニアル世代のトリリンガルラッパー/シンガーで、愛称は「練馬のビヨンセ」です。

現在20歳という若さで、今最も注目すべきアーティスト、ちゃんみなさんがラッパーやシンガーになる今に至るまでどんな人生を歩んできたのかをご紹介していきます。



スポンサードリンク


スポンサードリンク

ちゃんみな(JKラッパー)って誰?本名や経歴やプロフィール!

まずはちゃんみなさんのプロフィールから紹介していきましょう。
  • 本名:乙茂内 美奈(おともない みな)
  • 誕生日:1998年10月14日(現在20歳)
  • 生誕地:韓国
  • 出身地:東京都練馬区
  • 身長:158cm
  • 血液型:A型
ちゃんみなさんは日本人(父)と韓国人(母)のハーフです。
本名もみなさんなので、名前の由来は「みなちゃん」から来ているんでしょうね。

3歳からバレエ、ピアノ、ヴァイオリンなどを習い始めました。
きっかけはバレリーナだったお母さんによるもので、やはり小さい頃からいろいろなことを習い、才能を延ばしていっていたんですね。
その時にはすでに歌手デビューの夢を目指していました。

3歳まで韓国で暮らし、韓国、日本、アメリカを行き来する幼少期を過ごしました。
小学2年生の頃に見たBIGBANGの「Haru Haru」という楽曲のミュージック・ビデオに「映画を1本見たくらいの気分」になるほど強い感動と衝撃を受けました。
そしてこれを機にピアノ、バレエを辞め、ヒップホップダンスを習い始めました。
人前で初めて歌を披露したのは、小学5年生の時にダンス発表会で先生に無理を言って、いきものがかりの「じょいふる」を歌ったこと。
はじめは韓国で活動することを目指しており、韓国語での楽曲も制作していたが、高校の同級生でかつラッパー仲間の「めっし」さんに「行かないで」と泣いて止められたため、日本で活動していくことにしたそうです。
ちゃんみなさんが現在日本で活躍しているのも、この時止めてくれためっしさんとの熱い友情があったからなんですね。
2016年4月18日、ついにデビューシングル「未成年」を配信し、大ヒット、8月31日には早くも2枚目のシングルとなる「Princess」を発表しました。
2017年3月8日、ビクターエンタテインメントからメジャーデビューアルバム「未成年」が発表され、念願のメジャーデビューを果たしました。
次いで3月27日に代官山UNITにて、ちゃんみなさん初のワンマンライブ「ちゃんみな 1st Live 未成年 ~To be QueeN~」を開催しました。
2019年8月7日にはセカンドアルバム「Never Grow Up」が発売されました。
現在は事務所などには所属せず、ライブ、楽曲制作などで日々を過ごしています。


スポンサードリンク


ちゃんみな(JKラッパー)は韓国とのハーフでいじめにあった過去も!

そんなちゃんみなこと乙茂内 美奈さんですが、学生時代には壮絶ないじめに遭っていたそうです。

その原因は海外で過ごした幼少期にありました。

韓国で生まれ、アメリカで暮らしたこともあるちゃんみなさんには、日本語があまりうまく話せなかったのです。
無視、蹴るなどの暴力は当たり前で、水をかけられたり、買ってもらったばかりのランドセルをグシャグシャにされたりしていたそうです。
さらには池に落とされたこともあるというからこれもまた驚きです。
小学生ということもあり、純粋ないたずらに過ぎなかったかもしれませんが、ここまでひどいいじめはあまり聞きませんね。

そんな小学2年生のある日、部屋に籠もっていたときに観た「BIGBANG」のMVに衝撃を受けたそうです。

これがラップとの出会いだったんですね。
今ではこうして大人気のラッパーになれているのですから、彼女にとっては良かったのかもしれません。





スポンサードリンク


ちゃんみな(JKラッパー)の本名や楽曲とは?

続いて、ちゃんみなさんのおすすめの動画を一つ紹介します。

ちゃんみな – PAIN IS BEAUTY (Official Music Video)
こちらの、「PAIN IS BEAUTY」という曲です。こちらはいじめを受けていた学生時代がテーマになっている曲です。
ドラマ風に再現されていて、かつ当時の精神的な叫びみたいなものも表現されています。

個人的には最後の、今までの自分を受け入れ、今の自分を表現しようとする場面が好きです。
4:27あたりの幼少期の自分が笑って許してくれているような感じが、過去を背負って生きていこうとするちゃんみなさんの意志のようにも感じられて素敵だな、と思いました。

PAINとは、疼痛、痛みのことを意味し、曲中には「痛みって美しいんだ」という歌詞があります。
いじめを受けていた頃の痛みを今では美しいものとして捉えているようですね。
逆境は人を変える一番の要素だと思うので、今辛い思いをしている方にも「痛みは美しいんだよ」というメッセージが込められているように感じました。

今回のまとめ

今回は今話題沸騰中の若手アーティスト、ちゃんみなさんについてご紹介しました。

音楽や芸能活動で活躍されている方が、実は昔は貧乏だったりいじめられていたりするケースは多く、ちゃんみなさんのように逆境が自分を強くするチャンスのようなものだからなんですね。

夢に向かった頑張っている人も、今は辛く大変でも、絶対に夢が叶う!と信じて貫いていってほしいです。

Official Site:http://chanmina.com/ Twitter:https://twitter.com/chanmina1014 instagram:https://www.instagram.com/minachanxx/?hl=ja Facebook:https://www.facebook.com/chanmina.official/


スポンサードリンク

コメント