映美くららショートカットが可愛いと話題!旦那の画像はこちら!

エンタメ
 
こんにちは、ジョーです。

 
 
元宝塚歌劇団月組のトップ娘役の 映美くらら さんをご存知ですか?

 
 
今回は、彼女についてお話しします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

プロフィール!!

 
名前    :  映美 くらら (えみ くらら

本名    :  本山 麻衣子 (もとやま まいこ

生年月日  :  1979年 6月 15日

出身地   :  熊本県 菊池郡 菊陽町

身長    :  159cm

血液型   :  O型

趣味    :  散歩、読書、洋裁、お菓子作り、犬と遊ぶ

特技    :  バレエ、日舞

所属    :  ジャパン・ミュージックエンターテイメント

 


 
彼女は幼少の頃からバレエと日舞を習っていました。

 
 
彼女が通っていた熊本信愛女学院中学校の修学旅行で宝塚を初めて見て、感動して

入団を決意します。

 
 
高校卒業後、2度目の挑戦で宝塚音楽学校に見事合格し、

1997年、第85期生として入学しました。

 
1994年に宝塚歌劇団に入団し、2001年には月組のトップ娘役の大抜擢されました。

 
 
入団3年目のトップは、黒木瞳に次ぐ異例のスピードでした。

 
その後、数々の舞台をこなし、2004年に退団しました。

 
 
ちなみに映美くららの名前の由来は、「美しく映える聖女クララ」の意味で

母が苗字を、学校の恩師が下の名前を考えたそうです。

 
 
昭和に活躍した遥くららと同じくららから「平成のくらら」とも呼ばれていました。

 
 

退団後も華々しい活躍!!

 
 
退団後も多くのドラマに出演されています。

 
 
2005年にテレビドラマ初出演は「ナニワ金融道 6」でした。

 
大阪の消費者金融で働く灰原達之を中心にお金の絡む欲深い人間ドラマでした。

 
 
彼女は、内田圭子役で出演し、この後多くのドラマ出演が続きます。

 
 
2012年には、「鈴子の恋 ミヤコ蝶々女の一代記」でテレビドラマ初出演を果たしました。

 
脚本が大石静、主題歌が松任谷由実、共演が浅野ゆう子片岡鶴太郎と、昼ドラとは

思えない豪華な顔ぶれも話題になりました。

 
しかし、やはりいちばんの話題になったと言えば「99.9_刑事専門弁護士_」でしょう。

 
 
パート1が2016年4月からの放送、パート2が2018年1月から放送されましたが

彼女の役は、香川照之演じる佐田篤弘の妻、由紀子役で出演しました。

 
  

長かった髪をバッサリ!!

 
 
このドラマでは彼女は、ショートヘアーで登場しています。

 
 
彼女の小さい顔のこのショートヘアーが良く似合っており、話題になりました。

 
 
パート2から出演した、木村文乃さんもこのドラマからショートヘアーにされてますが

こちらも良くお似合いです。

 
 
視聴者の方も、マネしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

彼女の旦那さんは??

 
 
彼女は、2015年に結婚されました。

 
 
彼女の旦那さんを調べてみたところ、彼女より5歳年上で会社経営者だそうです。

 
 
名前は一般人ということもあり公表されていませんが、

結婚式の様子の画像がありました。

 
 
 
彼女が言うには、

 
童顔でどちらかというと小動物系の顔立ち。身長は177cm、
特に、宝塚のファンではなかった

 
とのこと。

 
 
ごめんなさい、これで想像してください。

最後に!!

 
 
2017年に男のお子さんも誕生されている彼女ですが、

年齢を感じさせない美しさと可愛さがファンをトリコににするんでしょうね。

 
次の活躍が楽しみです。

 
 
スポンサードリンク

コメント