スポンサードリンク

天明麻衣子の父親の現在は喫茶店経営?昔はローマ法王とも関係が?

エンタメ
 
人気フリーアナウンサー天明 麻衣子さん。

 
 
 
今回は、天明麻衣子の父親の現在は喫茶店経営?

 
 
 
昔はローマ法王とも関係が?

 
 
 
などの情報をお届けします。

 
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク

天明麻衣子の経歴やプロフィール!

名前 天明麻衣子(てんめい まいこ)

生年月日 1989年7月8日

血液型 O型

身長 158㎝

出身地 神奈川県横浜市

 
 
 
趣味はクイズやヨーロッパサッカーの観戦。

 
 
 
特技は子どもたちに勉強を教えることとダンス。

 
 
 
天明麻衣子さんに教えてもらえたら相当わかりやすそうですよね。

 
 
 
ダンスはアマチュア大会で優勝経験もあるそうです。
 
 
 
また、スペイン語を得意としている他、証券外務員I種の資格も取得されているそうですよ。

 
 
 
そんな天明麻衣子さんですがSNSでは性格が悪いと…批判が多いみたいですね。

 
 
 
「手弱女って普通によめませんか?」と大胆な発言を…。

 
 
 
手弱女=たおやめと読むのですが、普通読めないですよね。

 
 
 
頭のいい方なので、考えのレベルが違うことが原因でしょうね。

 
 
 
少し高飛車らしいですが、もはや住む世界が違いますからね…。

 
 
 
また、ご実家がかなり裕福なんじゃないかとの噂も出ていますが、

 
学歴を見る限りですと、確かに一般家庭よりは裕福でしょうね。

 
 
 
名字が聞きなれないことから日本人ではないんじゃないかとの噂がありますが純日本人で、

 
本名のようですよ。

 
 
 
天明麻衣子さんは大学卒業後NHK仙台放送局契約キャスターとして
 
2012年4月から活躍されていました。
 
 
 
契約キャスターだったことや、地方のキャスターだったことに驚きますが、
 
2年ほどしか在籍していないのですね。
 
 
 
2014年3月に退局されて、JPモルガン投資銀行本部で1ヶ月間働き、

 
ホリプロ所属のフリーアナウンサーとして活動開始。

 
 
 
しかし2014年10月から、スペイン・マドリードに語学留学。

 
 
 
ユーチューブにチャンネルをお持ちで、

 
『天明麻衣子~てんちゃんとちゃんと恋するスペイン~』では、

 
構成・ナレーション・出演・撮影・編集を自ら手掛け、

 
スペイン語やスペインの名所などを紹介されています。

 
 
 
『Qさま』などで活躍されていますが、テレビ収録の時にスペインからきていたみたいですよ。

 
 
 
天明麻衣子さんは、経歴や出演番組などを見ればわかる通り秀才!

 
 
 
かなり頭のいい方ですので当然学歴も素晴らしいはず…。

 
 
 
どうやら東京学芸大学付属高等学校に通われていました。
 
 
 
都内で6位、全国でも25位の偏差値75という名門校。

 
 
 
ちなみに、小学校から高校まで一貫校なんですが、

 
天明麻衣子さんは聖心女子学院初等科から中等科へ進学していたようなので、

 
高校から入学したみたいですよ。

 
 
 
そして、大学は東京大学の文学部。
 
 
 
ミス東大のワードも出てくるので、もしかしたら…と思ったのですが、

 
特にそのような情報はないので、ミスコンには出場されていないようです。

 
 
 
非常に美人な方ですからエントリーしててもおかしくないですけどね。

 
 
 
天明麻衣子さんのTOEICは900点超えと超高得点!
 
 
 
満点が990点で外資系の応募資格に必要な点数は800点なので、

 
英語での業務は一切支障がないほどの英語スキルをお持ちです。

 
 

スポンサードリンク


天明麻衣子の父親の現在は喫茶店経営?経歴やプロフィール!

店のグランドオープンは2018年8月8日。

 
 
 
「茶房・はちはち」という店名は開店日にちなんで付けたのかと思いきや、

 
「年齢に関連させ『ろくろく』でもよかったのだけれど、

 
僕とかみさん、娘の誕生日に8が付くんですよ。だから『はちはち』」。
 
 
 
そう語るオーナーの天明幸雄さん(66)はクイズ番組などで

 
おなじみのフリーアナウンサー・天明麻衣子さんの父君。

 
 
 
「テンパパ」です。
 
 
 
退職後の人生は喫茶店経営で、と考える人は多いですね。

 
 
 
テンパパもそのひとり。

 
 
 
日本航空のチーフパーサーという仕事を終え、自由気ままな生活を送っていましたが、
 
朝食のつもりでトーストを食べている最中に夕刊が届くような生活には飽き飽き。
 
 
 
車1台分くらいの初期投資は自己資金で賄えそうということで店を構えました。

 
 
 
「父の一番の持ち味であるコミュニケーション能力の高さが発揮できると思ったので賛成した」

 
 
 
クイズ番組で何度も優勝する娘の麻衣子さんの解説だけに説得力はあります。

 
 
 
店名に「茶房」と付くのは内装業者が作った設計図に「仮称・天明茶房」とあり、

 
言葉の響きが良いと拝借しました。

 
 
 
コーヒー豆は一流ホテルで提供されるものと同じですが、

 
所在地が飯田橋駅、神楽坂駅、江戸川橋駅からいずれも徒歩10分ほどと好立地でもないので、

 
「ひとまず450円」。

 
 
 
そもそもこの場所を選んだのは他の場所は家賃が高かったからという理由もあるが、

 
決め手は「隣のお店の食事がおいしかったから」。
 
 
 
「麻衣子が生まれた時、僕は英国のカジノにいたんです。

 
だから最初は『梶乃』と名付けようと思った。かみさんに叱られてやめたけれど」。

 
 
 
テンパパはどうもそういう人らしい。

 
 
 
店についても「道楽ですよ。いつまで続くか分かりません」と笑ったが、

 
取材が進むにつれ、危うさよりも大化けの可能性を感じます。

 
 
 
テンパパが入社した当時の日航は組合問題が真っ盛りで、

 
ギャレー内すらもぎくしゃくしていました。

 
 
 
「それが嫌でね。お客さまにサービスしている時が一番楽しかったな」。

 
 
 
そうして主に国際線のファーストクラスで磨いた接客術を

 
テンパパから学んだキャビンアテンダントたちが、茶房・はちはちのスタッフ。

 
 
 
マニュアルに従わない独特の指導に共鳴した通称“天明教の信者”が、

 
客の「ほっと一息」を演出します。

 
 
 
一流の機内サービスが味わえる店。

 
 
 
それは接客だけでなく、内装の凝ったトイレでもうかがえます。

 
 
 
「トイレがきれいなところには人が集まる。だから結構、おカネをかけましたよ」

 
 
 
「天明さんと一緒に仕事がしたいと思って前の仕事を辞めてきました」。

 
 
 
店員の一人である元同僚の渡佳奈さんはそう語ります。

 
 
 
20代の女性にそう言わしめるテンパパには人を引きつける何かがあるのでしょう。

 
 
 
住所 東京都新宿区新小川町7―7 アゼリアビル101

 
営業時間 10・00~19・00(無休)

 
TEL 03・5946・8367

 
・コーヒー 450円

・ケーキ各種 500円

・ケーキセット 850円

・サンドイッチ 600円

・フレンチトースト 450円

 
 



スポンサードリンク


天明麻衣子の父親は昔はローマ法王とも関係が?

https://twitter.com/nagoyatv_6ch/status/1135493832001433601
天明麻衣子の父親は、喫茶店を開く前は、JALで働いていたそうです。

 
 
 
そこで、元ローマ法王をアテンドした客室乗務員だったようです。

 
 

今回のまとめ

 
どうでしたか?

 
 
 
今回は、天明麻衣子の父親の現在は喫茶店経営?

 
 
 
昔はローマ法王とも関係が?

 
 
 
などの情報をお届けします。

 
 


スポンサードリンク

コメント