スポンサードリンク

小泉進次郎の歴代彼女はみんな美人?最後に選んだのは滝川クリステル

エンタメ
 
小泉進次郎は、第87・88・89代内閣総理大臣の小泉純一郎を父に持つ政治家です。
 
 
 
自由民主党所属の衆議院議員であり、

 
内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官、自民党青年局長などを歴任しています。

 
 
 
好きな言葉は「意志あるところに道はある」と言う通り、

 
2008年に父である小泉純一郎が政界引退を表明した後、

 
自民党の公認を受け2009年に初当選を果たし、数々の公約実現のために邁進していますね。

 
 
 
「政界のプリンス」と称され、その影響力は強く、

 
名実ともに政界を代表する議員の一人になっています。

 
小泉進次郎の母親の離婚の理由とは?別れた三男の宮本佳長の悲劇とは?
自民党の小泉進次郎議員(38)とフリーアナウンサーの滝川クリステル(41)が7日、総理官邸で結婚発表を行いました。マスコミは“祝賀モード”一色に染まっています。今回は、小泉進次郎の母親の離婚の理由とは?別れた三男の宮本佳長の悲劇とは?について見ていきます。


小泉進次郎の実家の場所はどこ?改修費だけで1億円で結婚後は同居?
小泉進次郎の実家は豪邸で1年かけて新居を立てたということですが、どんな家なのかについてお伝えします。実は新居に立て直すにも理由があったとのことです。今回は、小泉進次郎の実家の場所はどこ?改修費だけで1億円で結婚後は同居?などを見ていきます。

 



スポンサードリンク


スポンサードリンク

小泉進次郎の歴代彼女はみんな美人?

 
 

小泉進次郎の彼女・熱愛の噂 その1 一般女性

 
「政界のプリンス」とも称され、次期首相候補と名高い小泉進次郎だが、

 
私生活はベールに包まれておりこれといった熱愛情報は無く、

 
一部週刊誌の間では「ゲイかもしれない」などと報じられたこともあります。

 
 
 
そんな彼に、ついに熱愛情報が飛び出しました。

 
 
 
2015年8月「深夜にホテルへ 進撃の進次郎」「小泉進次郎が抱いた復興庁の女」との
 
衝撃の見出しで、熱愛がスクープされています。
 
 
 
週刊誌によると、お相手の彼女は復興庁政務官を務める小泉進次郎氏の元部下で、

 
藤原紀香似の30歳のバツイチ女性だという。

 
 
 
掲載された写真にこそツーショットはなかったものの、

 
部屋から漏れてくる彼女との生々しい会話が書かれています。

 
 
 
しかし、彼女との密会を楽しんだ2日後、彼女は留学のため海外に旅立っています。

 
 
 
熱愛を大スクープされたことで、彼女を海外に避難させたとの見方もあったが、

 
近しい人物からの証言によると、彼女の海外留学は事前に決まっていたよう。

 
 
 
また、男女の関係ではあったが、彼氏彼女の関係ではなかったとか。

 
 
 
この熱愛報道を受けて、小泉進次郎ならびに事務所は何も発していないことから、

 
真相は不明だが、ホテルで密会する仲であることに間違いはないでしょう。

 
 
 

スポンサードリンク


小泉進次郎の彼女・熱愛の噂 その2 加藤綾子

 
次に、小泉進次郎の熱愛彼女として噂になったのは、アナウンサーの加藤綾子でした。
 
 
 
彼女との熱愛が噂されるようになったきっかけは、

 
彼女が小泉進次郎の街頭演説先を取材したり、

 
選挙番組の司会を務めたことがきっかけとされています。

 
 
 
というのも、初対面の二人にも関わらず、

 
彼が彼女を見たとき「あれ、髪型変えたの?」と発言したことから、

 
「以前から親交があったのか?」と熱愛を疑い始めた人が多かったとか。

 
 
 
父である小泉純一郎も、以前から

 
「彼女のことを気に入っている」や「息子の嫁にしたい」などと発言していたこともあり、

 
彼女との熱愛説が一気に広まったようです。

 
 
 
また、彼自身も「また彼女に取材に来てもらいたい」と発言しており、

 
好意的に思っていることは感じ取れます。

 
 
 
この熱愛報道を受けて、テレビ番組で共演した爆笑問題の太田光が、

 
「おいカトパン! おまえ小泉と付き合ってんだろ!」などと発言し、さらに注目を集めました。

 
 
 
しかし、彼女は熱愛を否定しており、
 
また、熱愛を裏付ける決定的な証拠などもないことから、彼氏彼女の関係ではないと思われます。
 
 
 

小泉進次郎の彼女・熱愛の噂 その3 一般女性

 
次に、小泉進次郎の熱愛彼女として噂になったのは、元女子ラグビー日本代表候補であり、
 
現在はヘアメイクアーティストをしている一般女性です。
 
 
 
「慶応大学卒のインテリハーフ美女」と言われているが、

 
10代の頃は空手でチャンピョンに輝き、

 
元女子ラグビー日本代表の候補として選ばれた経歴を持ちます。

 
 
 
そんな彼女とは、ラグビーの育成行事を通じて3年ほど前に知り合ったようです。

 
 
 
その後は、彼女とシティホテルや赤坂の議員宿舎で密会していたとの目撃情報が上がっています。

 
 
 
しかし、その後の熱愛情報やツーショットが撮られたことはなく、

 
実際に交際していたかはハッキリしていません。

 
 
 
ただ、この熱愛報道を受けて、小泉進次郎は
 
「いろんな方と、僕は個別にお会いすることはあります」として、否定はしていません。
 
 
 

小泉進次郎の彼女・熱愛の噂 その4 佐々木さやか

 
次に、小泉進次郎の熱愛彼女として噂になったのは、
 
「公明党のプリンセス」とも呼ばれる公明党議員の佐々木さやかでした。
 
 
 
彼女との熱愛が噂されるようになったきっかけは、

 
小泉進次郎が彼女との初対面のときに「お話には聞いていましたが、いやあ実に美しい」と

 
発言したことが発端だとされています。

 
 
 
「この発言だけで熱愛情報??」と思うかもしれませんが、もともと実直な彼のため、

 
このような発言をすることはまずなく、

 
周囲が驚いてしまったことで熱愛情報がでることにまでなったと言われています。

 
 
 
小泉進次郎は彼女の見た目を褒めただけであり、

 
これが彼女との熱愛を裏付ける直接的な証拠にはならないでしょう。

 
 
 
実際には、彼氏彼女の関係でもなんでもないようですね。
 
 




スポンサードリンク


小泉進次郎の経歴やプロフィール!

プロフィール
 
本名:小泉進次郎(こいずみ しんじろう)

生年月日:1981年4月14日

出身地:神奈川県横須賀市

血液型:AB型

学歴:関東学院大学経済学部経営学科学士家庭・コロンビア大学大学院修士課程

所属政党:自由民主党(無派閥)

在任期間:2009年~

配偶者:滝川クリステル

 
経歴
 
親族
 
曾祖父:小泉又次郎

曾祖父:泰道照山

祖父:小泉純也

父:小泉純一郎

兄:小泉孝太郎

遠縁:石原慎太郎・石原伸晃

 
 
 
いつも華やかな家族関係が取りざたされる小泉進次郎さんですが、

 
高校生までは野球に熱中するスポーツ少年でした。
 
 
 
2004年、関東学院大学を卒業後、

 
アメリカコロンビア大学に留学してジェラルド・カーティス氏に師事しました。

 
 
 
政治学の修士号を取得した後、
 
アメリカ国内のロンドンタビストック人間関係研究所配下の
 
戦略国際問題研究所の非常勤研究員の仕事をしていました。
 
 
 
2007年、帰国して父親の私設秘書を務めます。

 
 
 
2008年、小泉純一郎さんの政界引退を機に自民党の公認を受けて

 
2009年の衆議院議員総選挙で初当選を果たします。

 
 
 
2009年、海上自衛隊の横須賀基地見学ツアーを実施した時には、

 
定員50人の所5200人が殺到し、

 
『スター不在』と言われていた自民党で一躍注目の的になりました。

 
 
 
2010年、衆議院では内閣委員会・総務委員会・安全保障委員会に所属。

 
 
 
自民党では、
 
遊説局長代理・青年局次長・外交副部会長・財務金融副部会長・新聞出版局次長などを歴任。
 
 
 
2011年、自民党青年局長・国会対策委員会委員に就任。

 
 
 
2012年9月、自民党総裁選において、青年局主催の候補者公開討論会を仕切った際は、

 
討論会後に支持候補を表明する予定だったのが、

 
進次郎さんのあまりの人気で総裁選に影響が出るとして

 
選挙が終わるまで支持候補の名前を言いませんでした。

 
 
 
2013年、青年局長を退任して内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官に就任。

 
 
 
2015年、自民党農林部会長に就任。

 
 
 
2017年、自民党筆頭副幹事長に就任。同年の衆議院議員総選挙で4期当選しています。

 
 
学歴
 
関東学院六浦小学校に入学して、大学卒業まで関東学院で学生生活を過ごしました。

 
 
 
関東学院大学経済学部の偏差値は、45~47.5です。

 
 
 
卒業後にアメリカで政治学の修士号を取得しているので、英語はもちろんペラペラですね。

 
 

小泉進次郎が最後に選んだのは滝川クリステル!決め手は何?

小泉:決め手は……理屈じゃないですね、こういうのって。

 
理屈を超えていて。

 
正直言って……うちも育った環境とか親父のこととか、家族の環境として育っていく中で、

 
いろいろありましたから……絶対結婚っていう……そういう価値観は正直私にありませんでした。

 
だけどその気持ちを溶かしてくれた。

 
自然とそういう決断をするに至った。

 
それがまさに理屈を超えているところなのかな。

 
理屈を超えたところって……政治の世界って、私からすれば戦場なんです。

 
いつ……命を落とすかわからない。

 
やるかやられるか。

 
そういった部分は、権力闘争の中で避けられない。

 
常にどこかこわばって、緊張感があって、警戒心を説かず、

 
まるで寝るときもいつも鎧を着たまま寝ているというかね。

 
そういった環境がずっと続いてきて、でも、不思議と彼女といると……

 
この場所は鎧を脱いでいいんだな、武器を置いていいだな、無防備でいいんだ。

 
そういう風に思えたのは、理屈を超えたのだと思います。

 
とのことでした。

 
 
 
彼の恋愛遍歴を辿っていくと進次郎氏にとっての理想像が浮かび上がってきます。

 
 
 
美形であり、年上で甘えられる女性であり、そしてインテリであること。

 
 
 
滝川氏は美形で年上、ニュースキャスターも務めたインテリでもあります。

 
 
 
兄・小泉孝太郎が「見てればタイプかはわかりますよ」と語っていたように、

 
進次郎氏にとってまさに理想の女性だった、といえそうです。

 
 
 
政界のプリンスも、「お・も・て・な・し」力にはイチコロだったのでしょうか。

 
 

今回のまとめ

 
父親の小泉元総理もそうでしたが、小泉進次郎さんの知名度と人気は凄いですね。

 
 
 
お兄さんの孝太郎さんともとても仲が良く、

 
名門なのに家族間がギスギスしていないのも人気の秘密でしょうか?

 
 
 
滝川クリステルさんと結婚されて、これからまた知名度が爆上がりだと思います。

 
 
 
人気に恥ずかしくない政治を行って欲しいですね。

 
 


スポンサードリンク

コメント