スポンサードリンク

指原莉乃の年収は推定3億円?まくら営業の噂も?複数収入や家賃は?

アイドル
AKB48シングル選抜総選挙で、歴代最多となる3度の1位を獲得しているトップアイドルの指原莉乃さん。

現在はバラエティ番組に引っ張りだこで、タレントとしての活動以外に、女性アイドルグループ=LOVEのプロデューサーも務めるという多才っぷりを発揮しています。

そんな指原莉乃さんの気になる年収を徹底調査しました。

スポンサードリンク


スポンサードリンク

指原莉乃の年収は推定3億円?

元HKT48のメンバーでイコラブのプロデューサーをしている指原莉乃さんは、一体どれほどの年収を稼いでいるのでしょうか?


ということで調べてみると、指原莉乃さんの年収は、なんと3億円(推定)ということでした!

というのも、平成30年2月放送の「ワイドナショー」でダウンタウンの松本人志さんから“年収3億円説”についてイジられた指原莉乃さん

この説はある雑誌の推定年収ランキング記事がネットで話題になっていたもので、そこには「推定年収2億9,500万円。ギャラ単価は1本50万円前後」などと書かれていたのです。

指原莉乃さんは「それ嘘です」とはっきり否定していましたが、松本さんはすかさず「倍ほど違うってことは、僕の経験上ない」と、記事の信憑性の高さをほのめかしていました。

指原莉乃さん本人は否定していますが、火のないところに煙は立たないとも言いますので遠からずという事でしょうか?


指原莉乃の兄弟や母親の職業は?地元の大分ではお金持ちの家とも!
先月HKT48からの卒業を発表した指原莉乃さん。以前からトークの上手さでバライティ番組に出演し、活躍されていました。指原さんは大分県出身ですが、ご家族や兄弟はどのような人たちなのでしょうか?また相当高額な家賃の賃貸に住んでいるというのは本当でしょうか?

スポンサードリンク


指原莉乃がまくら営業の噂は何故?


そんな年収が億近くあると言われている指原莉乃さんですが、まくら営業の噂ありとのことでこちらも詳しくご紹介したいと思います。

指原莉乃さんといえばスキャンダルが話題になりブレイクしましたが、そもそもAKBグループには夜の活動をしているという噂は絶えないようですね。

というか、AKB48だけでなく芸能界では女優やアイドル全般にまくら営業でテレビ番組のレギュラーになったりして仕事をとることがあると言われています。

なので、指原莉乃さんにもまくら営業の噂が出ていても仕方がないことですよね。


中には、

指原莉乃さんよりももっと可愛い子がいるのになぜ指原莉乃さんなのか?まくら営業しているからテレビ番組に出れるんじゃないか?
という声も上がっていますね。

実際は、指原莉乃さんが枕営業をしているという噂でしかないので本当かどうかはわかりません。

まくら営業をしていたらそれこそネットで炎上していると思うのでまくら営業はしていないのではないのでしょうか。




スポンサードリンク


指原莉乃のアイドル以外の複数収入や家賃は?

指原莉乃さんはアイドル以外にも複数収入があると言われていますね。


もちろんバラエティー番組には多数出演しており、また自身がプロデューサーとして務めているイコラブなどから収入を得ているのではないのでしょうか。

色んなところで指原莉乃さんは活躍しているのでそれなりには収入を得ていると思われます。

次に、指原莉乃さんの家賃についてご紹介します。

指原莉乃さん、一人暮らしにも関わらず、現在はファミリータイプのマンションに住んでいるそうです。

そして話題になっている家賃ですが、なんと月50万円だそうです!



これは指原莉乃さんがMCを務めている番組「HKT48のおでかけ!」で、フットボールアワーの後藤輝基さんとお互いの家賃を教えあった際、指原さんが自身の家賃を教えると、後藤さんは目を丸くしながら「何歳お前、今?24歳やろ!」と驚きを隠せなかった場面が放送されました。



そして間取りのイメージ画像や2LDKの約90平米という情報から、ネット住民の間では家賃は月50万円くらいと推測されたのです。

また同じ番組内で指原さんは「結婚相手の年収は1000万では少ない」と発言したことから、相当ハイレベルな生活をされていることがわかりますね。


今回のまとめ

HKT48を卒業後も、テレビやCMに引っ張りだこの指原莉乃さん。

頭の回転の速さと、アイドル時代に培った愛嬌は、多くのファンや大物芸能人からも愛されています。

高額年収なのも、納得の数々を説明してみましたが、いかがでしたでしょうか。

まくら営業の噂も流れたことがありますが、実力がある指原莉乃さんがわざわざやる理由が見当たりませんね。

アイドル卒業後も頑張っている彼女の姿を見るのがとてもうれしいですね。

これからも頑張ってほしいです。


スポンサードリンク

コメント