スポンサードリンク

加藤浩次の今後は厳しい?松本人志と大崎会長との関係はどうなる?

お笑い
 
闇営業問題で辞任しないとの吉本興業社長の発言を受け、

 
所属芸人の加藤浩次さん(50)は、

 
体制が変わらなければ吉本を退社すると改めてテレビで明言し、

 
ファンらから心配する声が出ています。

 
 
 
この問題で、加藤さんは吉本トップと直談判されました。

 
 
 
今回は、加藤浩次の今後は厳しい?

 
 
 
松本人志と大崎会長との関係はどうなる?

 
 
 
などを見ていきます。

 
 
松本人志が出禁になった放送局は?その理由といつから出演していない?
お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が11月10日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)にゲスト出演し、先週比で平均視聴率を大幅にアップさせる貢献を見せています。今回は、そんな松本人志が出禁になった放送局は?その理由といつから出演していない?などについてまとめてみます。

松本人志の共演NGの女優は歴代彼女?馴れ初めや破局理由も調査!
上沼恵美子(64)が司会を務めるカンテレのバラエティー「快傑えみちゃんねる」(金曜午後7時=関西ローカル)の8日放送分に松本人志(56)が出演。番組内で松本が「共演NG」を明かしました。今回は、松本人志の共演NGの女優は歴代彼女?馴れ初めや破局理由も調査!などについて見ていきます。


宮迫博之は引退しない?さんまと松本人志が助け船!今後はどうなる?
反社会的勢力との闇営業問題で19日に吉本興業から契約解消となった宮迫博之が20日、謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮とともに都内で謝罪会見を行いました。今回は、宮迫博之は引退しない?さんまと松本人志が助け船!今後はどうなる?などの情報を調べてみました。

CARISERA(詐欺グループダミー会社)が吉本興業のスポンサー?
吉本興業の芸人たちが闇営業を行ったとして、闇営業先の会社「CARISERA(カリセラ)」という詐欺グループが関わっていたということがわかっています。今回は、CARISERA(詐欺グループダミー会社)が吉本興業のスポンサーなのかなど見てきました。

宮迫博之の年収やテレビのギャラは1本いくら?収入や出演料を調査!
7月20日に宮迫博之さんと田村亮さんが謝罪会見を開きました。宮迫博之の年収や一本のギャラはいくらなの?収入や出演料が気になる!そもそも闇営業する必要なんかない人ですよね?今回は、宮迫博之の年収やテレビのギャラは1本いくら?収入や出演料を調べてみました。

スポンサードリンク


スポンサードリンク

加藤浩次の今後は厳しい?今までの男気発言とは?

https://twitter.com/niwasan_gamera/status/1154527614100365312
同じ所属芸人の宮迫博之さん(49)、田村亮さん(47)が

 
会見で吉本への不満をぶつけたことで、加藤さんの気持ちが動きました。

 
 
 
「本来はお笑いをやらないといけない人間たちが、涙を流しながら、会見をやらないといけない。

 
これは本当に悲しくて、辛かった」。

 
 
 
2019年7月22日放送の日テレ系「スッキリ」で、司会の加藤さんは、

 
宮迫さんら仲間2人への思いを語り、こう会社への怒りを露わにしました。

 
 
 
そして、加藤さんは、所属芸人たちが岡本昭彦社長(52)や大崎洋会長(65)を

 
怖がっているとして、

 
「この体制が続くなら俺は辞める。この取締役が変わらないなら辞める」と
 
吉本退社の考えを切り出しました。
 
 
 
その後の岡本社長会見を受けて、加藤さんは翌23日の「スッキリ」で、
 
トップ2人が辞めないなら自分は辞めると改めて強調し、
 
同日夕に大崎会長と会って伝えると明かしました。
 
 
 
岡本社長は、用事で来ないという。

 
 
 
番組で話す中で、加藤さんは、「社長から家族みたいと言われたことは一度もない」と批判し、

 
さらに副社長の会見発言にウソがあったとまで主張しました。

 
 
 
「テープを録ってるのとちゃうの?」との岡本社長の発言について、

 
副社長は、その状況を会見で説明していましたが、

 
田村亮さんに聞いたところ、その場に副社長はいなかったという。

 
 
 
もはや吉本に見切りを付けたような加藤さんの発言に、

 
ニュースのコメント欄などでは、様々な意見が交わされています。

 
 
 
好意的な声は、会見前同様に多く、

 
「加藤の男気はすごいと思う」「加藤には筋を通して欲しい」

 
「芸能界がどう変わるかが少しは見えてくる」と期待する書き込みが次々に寄せられました。

 
 
 
一方で、吉本を辞めた後の活動を心配する声がファンから出たほか、

 
加藤さんが感情的になることを諫める向きもありました。

 
 
 
相方が吉本を退社した後、加藤さんを使い続けた会社への配慮も大事だとし、

 
「もう少し冷静に考えて判断した方が良い」といった声も漏れていました。

 
 
 
吉本の事情を知る芸能関係者は7月23日、

 
加藤さんの今後について様々な可能性があるとJ-CASTニュースの取材に話しました。

 
 
 
「加藤さんは、北海道出身で東京チーム、大崎会長や岡本社長らは、大阪チームの方。

 
もともと両者は、仲がよくないんですよ。

 
ダウンタウンの松本人志さんら大阪の芸人たちとも、距離感があります。

 
今回、辞めると言い出したのは、ずっと思っていたこともあると思います」

 
 
 
そのうえで、1つの選択肢として、加藤さんとマネジャーが吉本を辞めて、

 
個人事務所で自らのマネジメントをする方法があるとしました。

 
 
 
その後に、どこか移籍先を探すこともありうるわけです。

 
 
 
東京チームからは、加藤さんと行動を共にしたいとの芸人もいますが、

 
マネジャー1人の現状では難しいのではないかという。

 
 
 
さらに、加藤さんはこう続けました。

 
 
 
「昨日松本さんが、ワイドナショーでおっしゃってた。

 
大崎さんが辞めるんだったら、僕も辞めるって松本さんがおっしゃってた」

 
 
 
「大先輩に対して僕が口きくのがおこがまいしい話かもしれないですけれど」

 
 
 
「でも松本さん、本当に後輩ながら言わしていただきますけど、会社のトップなんです」
 
 
 
「会社のトップが責任取れない会社って機能してんのかな」
 
 
 
松本さんやダウンタウンのおかげで吉本は東京でここまで大きくなれた、

 
松本さんは優しい人で相方の山本圭壱のためにも尽力してくれた、としながらも、

 
 
「(大崎さんや岡本さんは)松本さんのマネージャーではなく、

 
会社のトップで社員の家族もいる、芸人の…、若手芸人の家族もいる、

 
そして生活があるんですよそこには。」

 
 
 
「経営側、絶対変わらないとダメ!僕はその状況が会社で行われないなら(変わらないなら)
 
僕は退社します」
 
 

スポンサードリンク


加藤浩次と松本人志との今後の関係は?

https://twitter.com/Yukisan_777/status/1155305839055343619
加藤さんは、22日の「スッキリ」で、松本人志さんを中心に新しい会社を作ってほしいと
 
明かしており、松本さんが吉本の取締役に名を連ねることも考えられるという。
 
 
 
その場合、ブッキングについては、吉本が協力することもできるとしました。

 
 
 
選択肢としては、松本人志さんが松本カンパニーを吉本から分社化させて、

 
そこに移る方法を挙げました。

 
 
 
あるいは、他の吉本の子会社に移籍するのもありうるかもしれないという。

 
 
 
ただ、「加藤さんがそれをよしとするかについては、疑問の余地はあります」と指摘しました。

 
 
 
一方、松本カンパニーについては、宮迫さんや田村亮さんが所属する可能性があるとみています。

 
 
 
松本さんが中心になって、2人の救済方法を考えるとみられるからです。

 
 
 
もっとも、岡本社長が辞めるなど体制が変われば、

 
吉本所属に留まる可能性はあるとしていました。

 
 
 
加藤さんは23日18時前、都内の吉本興業東京本部に。

 
 
 
吉本が現在教育問題に取り組んでいることを挙げ、改めて経営陣の刷新を訴えた加藤さん。

 
 
 
経営陣を刷新することになったら自分はいくらでも力を貸すと言います。

 
 
 
さらに、

 
「松本さんがほんとにお世話になった大崎さんという方、素晴らしい方だと思うけど、

 
今は取締役会長という立場ですからそこは松本さん(大崎さんが辞めるなら)辞めるとか

 
言わないでもらいたい」

 
 
 
「新しい会社を松本さん中心に作っていただきたいなって僕は考えてます」
 
と、語りました。

 
 
 
そして、改めて

 
「会社が変わらないんだったら、この会社には居られません」
 
と言いました。

 
 
 
加藤は22日、自身が司会を務める日本テレビ系「スッキリ」にて、

 
一連の騒動への会社の対応を疑問視し「体制が変わらなければ吉本を辞める」と発言。

 
 
 
一方の松本は21日に生放送された同番組で、
 
「大崎洋会長がいなかったら僕も辞める」とコメントしていました。
 
 
 
2人の意見の対立に注目が集まっていますが、
 
松本は「すぐVS関係にしようとする」と苦言を呈しながら、
 
加藤と電話で度々話をしていることを報告。
 
 
 
電話では

 
「全然好きに言ってええよ。本当のおまえの思いを言った方がいいよ。

 
嫌な思いをいっぱいしてきたんやろうから」と伝えたといい、

 
「2人の言ってることはむしろ全く同じ気持ち。

 
ただゴールが少し違っているから今折衷案を探している」と

 
話し合いを重ねていることを明かしていました。

 
 
 
「マスコミの人はすぐ僕と加藤のVS関係を作ろうとしているんですけど、

 
加藤は先輩を立てる人だから、言わないと思うから言いますけど、スッキリは見てないけど、

 
いろいろ聞いてすぐに僕は加藤に電話したんです。

 
全然好きに言っていいよ。

 
そんなんでオレは怒ってないから、お前の思いを言った方がいいよって。

 
多分嫌な思いもいっぱいしてきたんやろうから、それ言っていいからなって話をして、

 
そっから加藤の方から電話もしてくれるし、最近めちゃめちゃ加藤と電話でしゃべっている。

 
何もVS構造になっていない。
 
2人の言っていることはまったく同じ気持ちでゴールが2人の中で違いがあるので、

 
それの折衷案を今探っている」

 
 
 
その上で

 
「ひとつ言いたいのは、加藤には山本がいて、僕には浜田がいて、相方が特別な存在だから、

 
その2人を無視した発言をしたのはあまりよろしくないかなと思っています」

 
とも話しました。

 
 



スポンサードリンク


加藤浩次と大崎会長との関係はどうなる?

https://twitter.com/ma25smile2/status/1154433535714811905
お笑い芸人による闇営業問題に端を発した吉本興業の内紛。

 
 
 
自身の進退をかけて、生放送で大崎洋会長(65)、

 
岡本昭彦社長(52)の退陣を迫った極楽とんぼ、加藤浩次(50)が

 
24日、MCを務める『スッキリ』(日本テレビ系)の生放送で、

 
前日夕の大崎会長との会談内容を報告したが「話は平行線」「さらに話し合っていく」と

 
トーンダウン。

 
 
 
これまたとんだ茶番劇だが、加藤発言に同調した芸人たちと会社の溝は深まるばかりです。

 
 
 
前日までのいきり立った雰囲気とは打って変わって冷静な加藤。

 
 
 
24日、「スッキリ」で冒頭「まずはこんな事態になってしまっておわびしたい」と

 
謝罪の弁を述べました。

 
 
 
前日、3時間に及んだ会談については

 
「大崎会長からは自分の今の体制で吉本をよくしていきたいという考えと、
 
いろいろな改革案を聞いた。
 
大崎会長は会社側の意見、僕は芸人側の意見として言ったが、そこに合致点がなかった」と報告。

 
 
 
「会社側の意見も分からないわけではないが、

 
宮迫(博之)くんや(ロンブー)亮くんの会見をみて、

 
こんなことをさせる会社にはいられないという僕の気持ちを芸人サイドの意見として

 
伝えてもずっと平行線」と説明。

 
 
 
大崎会長が意見を持ち帰ることになりました。

 
 
 
加藤は「(大崎会長が)岡本社長の会見をそんなに悪いと思っていないことには、うん?

 
という部分もあった」と疑問を投げかけたが、

 
何かしらの決着を期待した視聴者からするとかなり拍子抜けではなかったでしょうか。

 
 
 
加藤はなぜ生放送という公の場で反旗を翻したのでしょうか。

 
 
 
そこには“ファミリー”とされる複雑な人間関係が渦巻いています。
 
 

今回のまとめ

 
発言でマスコミもいろいろと伝えていますが、

 
本人の考えとは違う憶測が広がりすぎなきもします。

 
 
 
深読みしすぎというか…。

 
 
 
松本さんも「すぐVS関係にしようとする」と苦言を呈していますよね。

 
 
 
マスコミの憶測に翻弄されて、追い付けなくなり、何が真実かわからなくなります。

 
 
 
会社の体制を今の時代に合わせて、

 
ベテランも中堅も若手も笑顔でお笑いを届ける日が早く来てほしいです。

 
 
 
以前のように笑いを純粋に楽しめる日が早く来ることを願っています。

 
 


スポンサードリンク

コメント