スポンサードリンク

三浦瑠麗の夫はハーフでエリート?馴れ初めや子供、結婚観も凄い!

エンタメ
 
国際政治学者の中でダントツに可愛いと話題になっている三浦瑠麗さん。

 
 
 
政治に精通した番組だけじゃなく、ときにはバラエティ番組にも登場するので、

 
三浦瑠麗さんのファンが急増しています。

 
 
 
テレビを見たあなたも、三浦さんのことが気になったんじゃないでしょうか?

 
 
 
今回は、三浦瑠麗の夫はハーフでエリート?

 
 
 
馴れ初めや子供、結婚観も凄い!

 
 
 
などを調べてみました。

 
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク

三浦瑠麗の夫はハーフでエリート?経歴や馴れ初めは?

三浦瑠麗さんの旦那は、三浦清志さん。
 
 
 
二人が結婚したのは2003年のときでした。

 
 
 
旦那は一般の方で、大学を卒業後に外務省へ入省し、
 
2004年には大臣官房総務課・外務省組織改変を担当した経歴の持ち主。
 
 
 
その後、あの世界的に有名なマッキンゼー・アンド・カンパニーのプロジェクトに参加して、

 
2007年には最年少でマッキンゼー・アンド・カンパニーのマネージャーに就任しました。

 
 
 
そして、その後はセーフレイ・ジャパン株式会社という会社を設立し、

 
社長として活躍し、Tribay Capitalという会社でマネージング・ディレクターとしても
 
活躍したりと、日本の中でも数少ないエリート街道を突っ走る男なのです。

 
 
 
つまり、三浦瑠麗さんの旦那は一般人といっても、かなり優秀な経歴をお持ちのようで、
 
年収は1億あってもおかしくない仕事に携わっているともいわれてるんですね。
 
 
 
旦那は経歴だけではなく、顔も超イケメンで、日本人の母と米国人の父の間に生まれたハーフ。
 
 
 
やはり、才色兼備の三浦瑠麗さんと結婚した男性は、

 
清志さんのように経歴も顔も男前じゃないと釣り合わないですよね。

 
 
 
二人の出会いは、東京大学在学中のとき。
 
 
 
三浦瑠麗さんは農学部に所属していて、清志さんは教養学部に所属しており、

 
二人は学部が違ったのですが、三浦さんは東京大学在学中に一度留年しており、

 
そのときに違う学部の授業も受けてみたところ、

 
現在の旦那である清志さんと運命的な出会いを果たしたのです。

 
 
 
そして、東京に上京してきた三浦さんは
 
「東京に出て、厳しい生活を抜け出したかったから」という理由で、
 
まだ大学在学中にも関わらず、清志さんとの結婚を決意したそうです。
 
 
 
テレビ番組で見る三浦瑠麗さんは、ズバズバと自分の意見をハッキリ言うキャラクターですが、

 
実は家にいるときはそうでもなく、穏やかな性格なんだそう。

 
 
 
なので、旦那との夫婦仲も良好で、今後も離婚の心配はいらないようですね。

 
 
 
ちなみに、結婚当初の三浦瑠麗さんは、今では想像つかないかもしれませんが、

 
ずっと家にいてだらだらテレビを見て、ジャンクフードばかり食べる人生を送っていたそうです。

 
 
 
そこで、ひとしきり自由を満喫したあとに、

 
「私はどうしようもない人間」だと悟り、

 
その結果現在のように政治学者として言いたいことを

 
ズバズバ言うキャラクターへと転身したのです。

 
 
 
結婚当初の旦那は、そんな路頭に迷っていた三浦瑠麗さんのことを

 
そっと見守ってくれていたのかもしれませんね。

 
 
 
旦那の清志さんは、「働かざる者、食うべからず」という考えをお持ちのようで、

 
女性であろうときちんと仕事をするのが当たり前だと思ってるらしく、

 
そんな旦那の考え方に感化されて三浦瑠麗さんは

 
国際政治学者という肩書きに誇りをもって仕事をしているそうです。

 
 
 
ただ、三浦瑠麗さんが本当に辛いときは、

 
「無理して働かなくても、家にいたらいいよ」と、

 
優しい言葉をかけてくれることもあるんだとか。

 
 
 
過去のインタビューでは、清志さんのことを旦那に選んで、

 
「本当によかった」とコメントしていたこともあり、

 
三浦瑠麗さんは旦那と結婚したことに後悔はないそうです。

 
 

スポンサードリンク


三浦瑠麗の経歴やプロフィール!

三浦瑠麗さんは日本の国際政治学の研究者であり、
 
東京大学政策ビジョン研究センターで講師を務めながら
 
株式会社山猫総合研究所の代表として活動しています。
 
 
 
2017年には『「トランプ時代」の新世界秩序』を執筆しています。

 
 
 
三浦瑠麗さんについての詳しいプロフィールはこちら。

 
 
 
本名: 三浦 瑠麗(みうら るり)

旧姓: 濱村 瑠麗

生年月日: 1980年10月3日

出身地: 神奈川県茅ヶ崎市

出身校: 東京大学

配偶者: 三浦清志

研究分野: 国際政治学、比較政治学

研究機関: 東京大学政策ビジョン研究センター

学位: 博士(法学)

特筆すべき概念: リベラリズム、現実主義

主要な作品: 『シビリアンの戦争―デモクラシーが攻撃的になるとき』

 
 
 
三浦瑠麗さんの父親は心理学者の濱村良久さんであることから
 
幼少期から父親の影響を強く受けて学者を目指したのでしょう。
 
 
 
また、名前から三浦瑠麗さんが中国人という噂が立っているようですが、

 
中国人ではなく純日本人となります。

 
 
 
三浦瑠麗さんは幼少期から若草物語などの児童文学に多く触れ、

 
源氏物語や蜻蛉日記などの古典文学や、

 
円地文子や幸田文といった女流作家の本を読みあさっていたそうです。

 
 
 
本の虫だった三浦瑠麗さんは学校での集団行動に馴染めず単独行動が多かったようです。

 
 
 
三浦瑠麗さんは神奈川県立樟南高等学校に進学していますが、

 
この学校は偏差値が73と非常に高い難関高校であり、

 
石原慎太郎さんや浜田宏一さんも卒業している超進学校です。

 
 
 
三浦瑠麗さんは高校でも馴染めずに授業をサボって鎌倉や江ノ島によく行っていたようです。

 
 
 
三浦瑠麗さんは神奈川県立樟南高等学校を卒業すると東京大学理科I類に進学しました。
 
 
 
東大では50人のクラスの中に女子は二人しかいなかったため、

 
男子学生と馴染めない三浦瑠麗さんは試験のプリントが回ってこないこともあったため

 
授業に次第にでなくなったそうです。

 
 
 
その後三浦瑠麗さんは地球の環境問題について学ぶために

 
農学部地域環境工学専修を専攻しましたが、

 
自分がやりたい勉強ではなかったことが分かり進路を探すために留年の道を選びました。

 
 
 
2001年には自民党が主催していた「第一回 国際政治・外交論文コンテスト」で
 
総裁賞を受賞するなど、
 
三浦瑠麗さんは国際政治学に関する深い考察をこの頃から持っていたようです。
 
 
 
三浦瑠麗さんは他の学部で授業を受けていたところ、

 
船橋洋一ゼミで教えている政治学に興味を持ったことで理系を捨てて文系に移り、

 
公共政策学教育部専門職学位課程の一期生として入学して、

 
国際政治学者の藤原帰一さんから学び始めます。

 
 
 
当時、アメリカはイラクへの戦争を開始しており、

 
米兵達が戦争に反対していた様子を見た三浦瑠麗さんは強い興味を抱き、

 
博士論文にて「シビリアンコントロール(文民統制)」について研究を始めました。

 
 
 
そして、同課程を終えて博士号を取得した三浦瑠麗さんは、

 
学位取得論文として「シビリアンの戦争 : 文民主導の軍事介入に関する一考察」を提出し、

 
後に2012年10月に著書『シビリアンの戦争―デモクラシーが攻撃的になるとき』を

 
出版しています。

 
 




スポンサードリンク


三浦瑠麗の子供や結婚観も凄い!

とくに離婚の噂もなく、夫婦生活が順調であることがうかがえる三浦瑠麗さん。

 
 
 
そんな三浦さんは、2019年6月2日に放送された『お笑いワイドショー マルコポロリ』に出演し、

 
結婚生活がうまくいく理想の家の構造についてお話されていました。

 
 
 
三浦瑠麗さんいわく、結婚して子供が生まれると、家は4階建てにしたほうがいいと力説。

 
 
 
まず、1階は経済と生活の安全保障、2階は親としての責任の場所。

 
 
 
つまり、子供部屋をつくるのがベスト。

 
 
 
そして、3階や4階は、

 
夫婦として過ごす場所をつくったほうがいいという独特な道徳観を語っていました。

 
 
 
たしかに4階まである広い家を建てることができれば、

 
旦那や嫁と一緒にいたくないときは離れて生活することもできますから、

 
順調な夫婦生活を送れるとは思いますが、

 
今の不安定な経済状況では中々4階建ての家を建てることなんてできませんよね。

 
 
 
三浦瑠麗さんと旦那の間には、子供が一人います。
 
 
 
性別は女の子で、誕生したのが2012年のとき。
 
 
 
三浦さんはSNSにも頻繁に子供と一緒に写る写真を公開していて、

 
プライベートではとても幸せな日常を送っていることが分かります。

 
 
 
休日は家族3人で、ミュージカルを観に行ったり、

 
ロンドンの博物館に出かけることが多いそうですよ。

 
 
 
また、子供の顔は伏せられていますが、三浦瑠麗さんに似ているといわれているので、

 
将来は美人さんになることは間違いなさそうですね。

 
 
 
両親がエリートなので、子供も今後はエリートの道を突き進むのでしょうか。

 
 
 
子供が生まれたばかりのときは、幼稚園に預けながらも仕事をしていたそうで、

 
当時はかなり多忙な日々を過ごしていたそう。

 
 
 
でも、旦那が積極的に子育てに参加してくれたこともあり、

 
現在はようやく家族3人で穏やかな日々を送れているみたいですね。

 
 
 
現在は一人娘を溺愛する三浦瑠麗さんですが、実は過去には切迫出産を経験した結果、
 
生まれてくる子供を亡くしてしまった経験があります。
 
 
 
それは、結婚してから7年が過ぎたときのこと。

 
 
 
当時、妊娠していることが発覚した三浦瑠麗さんでしたが、

 
博士論文の執筆や新生活の準備などに追われていて、ようやく論文を提出して、

 
近場へ小旅行へ行った際に、切迫出産を経験し、

 
生まれてくるはずであった第一子がお亡くなりになるという残念な経験をしているのです。

 
 
 
当時は、非常に忙しい時期であったことから、

 
無理をし過ぎていたと後に後悔する三浦瑠麗さんでしたが、

 
2012年に無事に第二子を健康な状態で産むことができたようで、

 
現在は亡くなった第一子の分まで今育てている子供を大切にしているのだそう。

 
 
 
2016年に放送されたトーク番組『僕らの時代』で、

 
「これまで一番辛かった時期は?」と聞かれると、
 
三浦瑠麗さんは「最初の子供が亡くなったとき」と答えているので、
 
第一子が無事に産まれてこなかったことは

 
三浦さんの中で生涯忘れられない出来事となっているようです。

 
 

今回のまとめ

 
今回は、三浦瑠麗の夫はハーフでエリート?

 
 
 
馴れ初めや子供、結婚観も凄い!

 
 
 
などを調べてみました。

 
 
 
2人の間には、愛する子供が1人いることも分かりましたが、

 
実は過去に一度子供を亡くした経験をして深い傷を負っていたことも分かり、

 
非常に幸せそうに見える三浦さんにも

 
そんな壮絶な過去があったことには驚かれたのではないでしょうか。

 
 
 
ただ、今はそんな辛い過去の出来事を糧にして、

 
国際政治学者として輝いた日々を過ごしているので、今が幸せなら、なんの問題もありません。

 
 
 
今後もこの調子で世間の批判を恐れずに、

 
自分の意見をバッサリと貫ける女性として生き抜いてほしいです。

 
 
 


スポンサードリンク

コメント