松島幸太郎(ラグビー)はハーフ?父母の国籍?身長体重?高校は?

スポーツ
 
こんにちは、ジョーです。

 
 
来年、日本で開催されるラグビーワールドカップ大会の

主力選手の一人である、松島幸太郎選手をご紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

プロフィール!!!

 
名前    :  松島幸太郎  (まつしま こうたろう

生年月日  :  1993年 2月 26日

出身地   :  南アフリカ共和国 プレトリア

身長    :  178cm

体重    :  88kg

血液型   :  A型

出身高校  :  桐蔭学園高等学校

趣味    :  映画鑑賞 ゴルフ

好きな食べ物 : 実家のサーモン散らし寿司、実家のカレー

嫌いな食べ物 : シイタケ、トリュフ

座右の銘  :  誰が相手でも自信を持て

自分の性格 :  自由、流されない

 
 
この名前を聞いてもハーフとは思えませんが、母が日本人、お父さんは

南アフリカ共和国のお隣のジンバブエ共和国出身です。

 
 
彼は南アフリカで生まれ、2歳から日本に来ました。

 
 
小学生の時の夢はプロサッカー選手と文集に書いていますが、それほど

本気で思っていたわけではなく、中学に入ると一番練習が楽そうな

バレーボール部に入りました。

 
 
なぜ、サッカー部に入らなかったかというと、「練習場が遠い」 という理由からだそうで

今の活躍の姿からは想像がつきませんね。

転機!!

 
そんなめんどくさがり屋で、目標を見つけられないでいる息子を父のロドリックさんが

南アフリカに行かせることにしました。

 
 
中学1年生の途中から中学2年生の終わりまで通った学校は人口12万人のグラハムズタウンに

ある、グラハムカレッジでした。

 
 
彼には「田舎」に映ったけれどもスポーツ環境は整っていました。

 
 
学校のスポーツはシーズン制で夏は水泳で、冬は先生に勧められてラグビーを選びました。

 
 
最初にタックルを受けた時は驚いたそうですが、相手を抜き去るのは楽しかったみたいです。

 
 
帰国後に、ラグビースクール「ワセダクラブ」に入部し、そこの指導者の

出身校であった、神奈川県横浜市にあるスポーツの名門校「桐蔭学園高等学校」に進み

本格的にラグビーにのめり込んでいきました。

 

ラグビーエリートの道へ!!

 
高校卒業後、日本の大学には進まず、南アフリカのシャークスアカデミー

武者修行に出て、同国の20歳以下の代表に選出されるまでに成長しました。

 
 
2013年、エディー・ジョーンズがヘッドコーチを務める日本代表に召集されます。

 
しかし、彼が希望するフルバックのポジションには五郎丸が君臨するために

彼はセンターやウイングにまわって活躍していきました。

 
2015年のW杯では、過去優勝2回を誇る南アフリカ代表と初戦で対戦し、

鋭いランで五郎丸のトライをアシストするなどして歴史的勝利(34-32)に貢献しました。

 
 
その後の2016年の日本代表ツアーでは、7試合中6試合をフルバックで出場、

翌年はサントリーの一員としてトップリーグ15戦全勝、さらに日本選手権も制覇しました。

 
 
それに加えて、8月から翌年1月まで国内リーグ、2月から7月までは国際リーグである

スーパーラグビー」の日本チームの「サンウルブス」にも参加しています。

 
まさに、日本ラグビーのトップ選手たちは彼を含めて休む間がない状態なんです。

怪我をしないアスリートの身体のケアー!!

 
 
試合数が増えるに伴い、これまでのようにじっくり身体を鍛える事が出来なくなった

彼は、体重の増量を計画します。

 
 
トップリーグ期間中の12月下旬に故障したのがきっかけでした。

 
 
81kgだった体重を88kgまで、本来のキレを保ったまま増やしました。

 
そのおかげで、大男たちをかわすように走っていた彼は、捕まっても簡単に倒れない

力強さを得る事が出来たのです。

 
 
また、チームが優勝した時を除き、普段は断酒を決め込んでいます。

 
 
試合中はいくら好調であっても、途中で筋肉に違和感が出たら勇気をもって

交代を申し出ています。

 
 
継続して高いパフォーマンスを維持するために、コンディションには細心の

注意を払っているそうです。

最後に!!!

 
 
彼は、南アフリカでラグビーを始めなかったら、今頃何もしていなかっただろうと

振り返っています。

 
 
持って生まれた才能とフィジカル、それを最大の努力で伸ばしていく彼の

姿をみていると、2019年のW杯で再び、奇跡を見せてくれるような気がします。
スポンサードリンク

コメント