スポンサードリンク

宮迫博之は引退しない?さんまと松本人志が助け船!今後はどうなる?

国内
 
反社会的勢力との闇営業問題で19日に吉本興業から

 
契約解消となったお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之が20日、

 
謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮とともに都内で謝罪会見を行いました。

 
 
 
芸能界引退は否定しました。

 
 
 
今回は、宮迫博之は引退しない?

 
 
 
さんまと松本人志が助け船!

 
 
 
今後はどうなる?

 
 
 
などの情報を調べてみました。

 
 
宮迫博之は芸能界を引退すべき?視聴者の嫌悪感の大きく復帰は無理?
雨上がり決死隊の宮迫博之(49)やロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)の“闇営業”問題。さんまは宮迫が所属事務所からマネジメント契約を解除された当初から、「自分のところで預かろうと思っている」と話しており、今回の“パーティ”は、そのバックアップが形になったものだという。

宮迫博之の復帰は早すぎる?「囲む会」のさんまの倫理観は昭和芸人?
特殊詐欺グループとの闇営業問題で今年7月に吉本興業から契約解消された雨上がり決死隊・宮迫博之(49)のために、明石家さんま(64)が呼び掛けた激励会「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに、そして白紙に戻った男を囲む会」が、21日夜に都内のホテルで開催されました。

宮迫博之の年収やテレビのギャラは1本いくら?収入や出演料を調査!
7月20日に宮迫博之さんと田村亮さんが謝罪会見を開きました。宮迫博之の年収や一本のギャラはいくらなの?収入や出演料が気になる!そもそも闇営業する必要なんかない人ですよね?今回は、宮迫博之の年収やテレビのギャラは1本いくら?収入や出演料を調べてみました。

松本人志の共演NGの女優は歴代彼女?馴れ初めや破局理由も調査!
上沼恵美子(64)が司会を務めるカンテレのバラエティー「快傑えみちゃんねる」(金曜午後7時=関西ローカル)の8日放送分に松本人志(56)が出演。番組内で松本が「共演NG」を明かしました。今回は、松本人志の共演NGの女優は歴代彼女?馴れ初めや破局理由も調査!などについて見ていきます。

松本人志が出禁になった放送局は?その理由といつから出演していない?
お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が11月10日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)にゲスト出演し、先週比で平均視聴率を大幅にアップさせる貢献を見せています。今回は、そんな松本人志が出禁になった放送局は?その理由といつから出演していない?などについてまとめてみます。


加藤浩次の今後は厳しい?松本人志と大崎会長との関係はどうなる?
闇営業問題で、所属芸人の加藤浩次さんは、体制が変わらなければ吉本を退社すると明言し、ファンらから心配する声が出ています。この問題で、加藤さんは吉本トップと直談判されました。今回は、加藤浩次の今後は厳しい?松本人志と大崎会長との関係はどうなる?などを見ていきます。

CARISERA(詐欺グループダミー会社)が吉本興業のスポンサー?
吉本興業の芸人たちが闇営業を行ったとして、闇営業先の会社「CARISERA(カリセラ)」という詐欺グループが関わっていたということがわかっています。今回は、CARISERA(詐欺グループダミー会社)が吉本興業のスポンサーなのかなど見てきました。




スポンサードリンク


スポンサードリンク

宮迫博之は引退しない?記者会見で語った事とは?

振り込め詐欺グループの宴会に出席して現金を受け取るなど一連の問題で、

 
吉本興業から契約を解消されたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんが20日、

 
謹慎処分中のロンドンブーツ1号2号の田村亮さんと共に記者会見を行いました。

 
 
 
宮迫さんは、田村さんが6月に吉本興業に謝罪会見を開きたいと伝えた際、
 
吉本興業の岡本昭彦社長から「やってもええけど、ほんなら全員連帯責任でクビにする」などと
 
圧力があったと主張しました。
 
 
 
会見は午後3時すぎ、東京都港区のビルの地下にあるイベントスペースで開かれました。

 
 
 
会見は吉本興業が関わらない形で行われ、詰めかけた報道陣を前に、2人は黒のスーツ姿で登場。

 
 
 
冒頭、深々と頭を下げました。

 
 
 
宮迫さんは、

 
「何よりも詐欺の被害に遭われた被害者の方々、ご家族、親族の方々に、

 
とんでもない不快なつらい思いをさせてしまっていることをおわびさせてください。

 
本当に申し訳ありませんでした」

 
と語り、再び頭を下げました。

 
 
 
さらに、

 
「世間の皆様、我々のことを応援してくださっている方々、

 
とんでもない取り返しの付かないことを、迷惑をかけてしまっている関係者の方々、

 
そして、不快な気持ちにさせてしまっている全ての皆様に本当におわびさせてください」

 
とも述べました。

 
 
 
田村さんは

 
「自分の口からもちゃんと謝罪を伝えたいと思います。

 
詐欺被害に遭われた方々そしてその親族の方々、本当に不快な気持ちにさせてしまい、

 
嫌な気持ちにさせてしまい本当に申し訳ございませんでした。

 
僕の弱い部分のせいで、人としてだめな部分、そのせいで虚偽の説明をしてしまい、

 
その行動・言動によって不快な気持ち、不信感を抱かせてしまった方々

 
嫌な気持ちにさせしまった方々すべての方々申し訳ありませんでした」

 
 
 
宮迫さんは、当初金銭を受け取っていなかったと吉本興業に虚偽の報告をした点にも触れ、

 
「大きな騒動にしてしまったのは、ぼくの保身から来る軽率なうそから始まっている。

 
そのせいで、後輩たちも、巻き込んでしまいました。

 
今回の騒動の全責任全ての責任は、僕のせいです。すみませんでした」と述べました。

 
 
 
詐欺グループから金銭を受け取ったことを当初否定していたことについて宮迫さんは、

 
「勝手な本当に自分の解釈で、ギャラはもらっていないんじゃないかと。

 
もらってないでいいんじゃないかと(闇営業を仲介した)入江(慎也)君に言いました。

 
そして他のメンバーにももらってないと言ってくれと入江くんに指示を出しました。

 
会社にもそう言ってくれと指示を出しました」と説明。

 
 
 
その後、入江さんが解雇されたと聞き、

 
「こんなことで解雇になるんだとまだ僕は事の重大さに気づいていませんでした」と語りました。

 
 
 
問題の大きさに気づいた宮迫さんは、会見を開いたほうがいいと会社に要望したものの、
 
会社からは「静観です」との回答だったという。
 
 
 
その後、6月24日に、急に会社に呼ばれ、全員、謹慎だと伝えられたという。

 
 
 
その際、田村さんが「記者会見をやらしてください」と主張したが、
 
吉本興業の岡本社長から「お前らテープ回してないやろうな」と確認された上で、
 
「亮、ええよおまえ辞めてひとりで会見したらええわ。
 
やってもええけどほんなら全員連帯責任でクビにするからな。
 
俺にはおまえら全員クビにする力がある」と言われ、全員なにも言えなくなったと語りました。
 
 
 
引退について宮迫さんは

 
「何度もそのことは考えました。僕は18の頃から30年間、この世界のことしかやってきていない。

 
できることはこの世界で学んだことしかない。

 
引退すると、僕のような能力でも、できることで何かお役に立てることが、
 
いつか、何年経とうがいつか、できるかもしれないという思いがあるので、
 
引退ということは考えられない」と語りました。
 
 
 
また、写真週刊誌が、

 
宮迫さんが大阪市の飲食店で金塊窃盗事件の被告と同席した写真が報じられた点については、

 
「写真を撮った記憶はうっすらある。中学の同級生とその店に行った。

 
トイレから出てきたところを、写真を撮ってくれと囲まれて、撮った。ただそれだけの写真です」

 
と述べ、金銭のやりとりはなかったと主張しました。

 
 
 
また、宮迫さんは一連の騒動の中で、

 
先輩芸人の松本人志さんから「細かい金額とか、全部言った方がいい」などと助言を受けたが
 
「恩義のある先輩の大事なアドバイスをちゃんと受け止められませんでした」などと語りました。
 
 
 
田村さんは、

 
「契約解消になれば、(相方の)淳とコンビができなくなる。

 
けど、(自分たちで会見を開いて)本当のことがやっぱり言いたい、と伝えた。

 
淳は『相談をしてほしかった。正直なことを言うのは応援する。

 
個人的にはコンビ解散と思ってないからな』と言われた」と語りました。

 
 
 
宮迫さんは相方の蛍原徹さんについて

 
「親よりも子よりも誰よりも長く一緒に時間を過ごしてきた。こんなやつのためにあいつは、

 
何回も頭を下げてくれる。こんな駄目人間のために頭を下げてくれる」と語りました。

 
 
 
今回の騒動で、電話をした際、「大丈夫だから。俺は大丈夫やから」と伝えられたことを明かし、

 
「だからやっぱり申し訳ないじゃ、すまないです」。

 
 
 
今回の吉本興業に対しての思いを問われた際、

 
宮迫さんは

 
「僕たちは、詐欺被害に遭われた方々や、信用して笑ってくれた人たちに

 
ただ謝罪がしたいだけだった。

 
ただ、今のこの形は不本意だが、大阪人で生まれて、

 
子供の頃からたくさん笑わせてもらっている吉本興業に18歳で入らせていただいて、

 
こんなアホを30年間、育ててくれた吉本興業に対しては、感謝しかないですよ。

 
こんなことしたいわけないじゃない」と語り、嗚咽を漏らしました。

 
 
 
今後の活動については、宮迫さんは

 
「いろんなことが起こりすぎて……、当初ついたうそでここまでの騒動になっているので、

 
正直今は今後のことは考えることができません」。

 
 
 
田村さんは「僕も本当にいま、この先のことは考えられない」と語りました。

 
 
 
引退については2人とも考えていないという。

 
 
 
会見の模様は一部ネットメディアでも生配信されました。
 
 
 
2人は生放送ありの会見を吉本側に要望していたという。
 
 
 
田村さんは吉本側に「ネットとかで全部見れるようにしてもらえないか」と伝えたが、
 
「こっちで決める」「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫やから」などの
 
説明もあり、不審に思ったという。
 
 
 
田村さんは

 
「僕らからすると何が大丈夫かよくわからない。本当の気持ちが伝わるか不安になった。

 
ネットのこととかを止めようとしたように感じてしまった」。

 
 
 
そのうえで「『ファミリー』と言ってくれていた方が、

 
こういう風に変わっていくことにびっくりしている」と述べました。

 
 
 
一連の問題の発端は、2014年12月に、

 
当時、吉本興業に所属していたお笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也さんの仲介で、

 
振り込め詐欺グループの宴会に宮迫さんら同社所属のタレント11人が

 
会社を通さない「闇営業」に参加したこと。

 
 
 
今年6月に発覚し、吉本興業は会社を通さず営業し、反社会勢力とつながり、

 
ほかのタレントを巻き込んだとして入江さんとの契約を解消しました。

 
 
 
写真週刊誌「フライデー」からの取材がきっかけでした。

 
 
 
宮迫さんらはいずれも詐欺グループの集まりとは知らなかったという。

 
 
 
金銭の受け取りについては否定しており厳重注意にとどめていたが、
 
その後の調査で宮迫さんは100万円、亮さんは50万円など
 
全員が金銭を受け取っていたと認定でき、11人を当面の間、謹慎処分にすると発表。
 
 
 
宮迫さんは「金銭を受領していたことを深く反省しております」などと

 
同社を通じコメントしていました。

 
 
 
吉本興業は税務の申告を修正。

 
 
 
償いの一環として、消費者団体支援などとして二つのNPO法人に計300万円を寄付。

 
 
 
他に処分を受けたのは、レイザーラモンHGさん、ガリットチュウの福島善成さん、

 
くまだまさしさん、ザ・パンチのパンチ浜崎さん、天津の木村卓寛さん、

 
ムーディ勝山さん、2700の八十島宏行さんと常道裕史さん、ストロベビーのディエゴさん。

 
 
 
これとは別に、「スリムクラブ」と「2700」の計4人が、

 
暴力団幹部らのパーティーで営業をしたとして、

 
吉本興業は6月27日に無期限謹慎処分とし、発表。

 
 
 
「2700」は、詐欺グループの宴会への参加で、すでに「当面の間」の謹慎処分を受けていました。

 
 
 
吉本興業によると、4人は2016年8月ごろ、

 
別の芸能事務所の芸人から「飲食店オーナーの誕生会」と誘われて漫才の営業に行ったが、

 
それは暴力団幹部が参加するパーティーでした。

 
 
 
吉本興業を通さずに、対価として金銭を受け取っていたという。

 
 
 
4人とも、反社会勢力が参加していたという認識はなかったという。

 
 
 
吉本興業は反社会勢力の排除について

 
「これまでのコンプライアンスへの取り組みや方法では十分にカバーしきれない面があった」と

 
認めた上で、「さらなるコンプライアンスの徹底に全力を尽くす」との決意表明を、

 
公式サイトなどで発表しました。

 
 
 
処分を受けたのは、「スリムクラブ」の真栄田(まえだ)賢さんと内間政成さん、

 
「2700」の八十島宏行さんと常道裕史さん。

 
 
 
宮迫さんを巡っては、

 
7月19日、吉本興業が「今後の宮迫博之とのマネジメントの継続に重大な支障が生じた」として、

 
宮迫さんとの契約解消を発表。

 
 
 
19日発売の写真週刊誌「フライデー」が

 
金塊窃盗事件の被告の男と同席しているとされる写真などを報じていました。

 
 

スポンサードリンク


宮迫博之に明石家さんまがした提案とは?

お笑いタレントの明石家さんま(63)が、

 
20日に放送された大阪・MBSラジオ「ヤングタウン土曜日」で、

 
闇営業問題で吉本興業からマネジメント解除を通告された

 
雨上がり決死隊・宮迫博之(49)らの一連の問題について言及。

 
 
 
「フリーになったんやから、できればウチの事務所に欲しい。
 
どこかの事務所も狙っているかもしれんけど、ウチも声を掛けてみよう」と、
 
自身の個人事務所「オフィス事務所」で雇う意向を明かしました。
 
 
 
番組は、宮迫の契約解除が発表された19日午後1時以降で、

 
ロンドンブーツ1号2号・田村亮(47)と

 
20日午後3時から緊急会見した以前に収録されているとみられます。

 
 
 
それでも、さんまは

 
「会社、芸人サイドそれぞれの立場はあるけど、なにがあっても俺は芸人サイドの味方。

 
宮迫をフォローしたい」といい、

 
「そんなことを言うなら会社を辞めてくれ、と言われても仕方がない。契約してないから」

 
とまで言い切った。

 
 
 
宮迫は、さんまが司会を務めるMBSテレビ「痛快!明石家電視台」の準レギュラーで、

 
付き合いは長い。

 
 
 
「会社(吉本興業)も、宮迫、手放すか~!?」と話芸を買っている様子で、

 
宮迫を個人事務所で正式採用した場合「(ギャラの)2割振り込んでもらえたら」と

 
シミュレーションしました。

 
 
 
一方、雨上がり決死隊が司会を務め、

 
存続が危ぶまれているテレビ朝日系「アメトーーク!」については

 
「俺がやる。大雨トーク、どしゃぶりトークにする」と笑わせていた。

 
 



スポンサードリンク


宮迫博之に松本人志が助け船!

反社会勢力が絡んだ「闇営業」の問題が取り沙汰されている

 
お笑い芸人の宮迫博之さん、田村亮さんが2019年7月20日、

 
都内のイベントスペースで謝罪会見を開きました。

 
 
 
宮迫さんは一連の問題について、

 
先輩芸人にあたる「ダウンタウン」の松本人志さんに電話で連絡をしたことを告白。

 
 
 
涙で声を詰まらせながら、松本さんとのやり取りを明かしました。

 
 
 

「ノーギャラでも出たるから」

 
宮迫さんは一連の騒動を受けて、2度松本さんに電話で連絡をしたという。

 
 
 
最初の電話で、松本さんからは、

 
「全員がいくらもらったかとか全部、細かいことを話した方がいい」との助言を

 
受けていたというが、

 
宮迫さん自身が当時は「(問題を)甘く考えていた」として、

 
「あんな恩義のある先輩の大事なアドバイスを…、ちゃんと受け止められませんでした。

 
すみません」

 
と謝罪しました。

 
 
 
その後、宮迫さんは謹慎が発表された後、再び松本さんに電話をして、

 
「嘘をついてしまいました。すみません」と謝罪。

 
 
 
すると、松本さんからは次のような言葉をかけられたという。

 
 
 
「休んでいる間、僕(宮迫さん)の出ている番組に『ノーギャラでも出たるから』と…。
 
こんな最低なウソをついたヤツのために『ノーギャラでも出たる』と…。
 
優しい言葉を、かけてくれていました。申し訳ないです、すいません」
 
と、声を震わせながら反省の言葉を重ねました。

 
 
 
宮迫さんが会見で松本さんの言葉を明かしたことを受けて、

 
松本さんのツイッターにはファンから称賛の声が続々と寄せられました。

 
 
 
「松本さんかっこよすぎ」

 
「まっちゃんはやっぱり素敵な人だ。心より尊敬しています」

 
「いい先輩ですね 本当に優しい人なんですね」

 
 

宮迫博之は今後はどうなる?

大手広告代理店の社員はこう語ります。

 
 
 
「最近は芸能人が不祥事を起こすと、

 
その芸能人が出演している番組を放送するテレビ局はもちろん、

 
番組のスポンサー企業にまで抗議やクレームが行きますからね。

 
そもそもテレビにCMを出稿するような会社は企業イメージを大切にする傾向が強く、

 
今回のような反社会勢力絡みのトラブルは昨今流行りの不倫沙汰などと比べても、

 
一番嫌がる案件ですからね。

 
吉本サイドとしても、手の施しようがなかったのではないでしょうか」

 
 
 
その一方で、別の芸能事務所のマネジャーは、宮迫の初動の“対応ミス”がはらむ危険性にも言及。

 
 
 
「かつて不倫騒動でベッキーさんが世間から猛バッシングを受けた理由の一つに、

 
最初の会見で不倫交際を素直に認めず、世間を欺こうとした点が挙げられる。

 
近年のテレビ視聴者は著名人の『ウソ』や『欺瞞』に対して強烈な拒否反応を示しますからね。

 
そういう意味では、反社との交際に加えて、

 
最初に『ノーギャラ』と主張した宮迫さんに対する世間の逆風は

 
今後ますます勢いを増すことになるでしょう」

 
 
 
不倫騒動の窮地ではオフホワイトなどと釈明し、何とか脱却したものの、

 
今回の騒動ではいくつかの大きなミスを犯してしまった宮迫。

 
 
 
果たしてその姿を再びテレビの画面で見られる日は来るのでしょうか。

 
 
 
そう思わせるほど事態は深刻です。

 
 

今回のまとめ

 
これほど大きな問題になってしまうとは思いもしませんでした。

 
 
 
今回は、宮迫博之は引退しない?

 
 
 
さんまと松本人志が助け船!

 
 
 
今後はどうなる?

 
 
 
を見てきました。

 
 
 
今後どうなるか気になりますね。

 
 


スポンサードリンク

コメント