スポンサードリンク

マツコ・デラックスの引退はいつ?理由は海外移住か実業家に転身?

タレント
 
バラエティ番組で大人気!

 
 
 
テレビで見ない日はないのではないでしょうか。

 
 
 
マツコデラックスさん。
 
 
 
そのマツコデラックスさんが芸能界を引退するのでは?と何度か噂が拡散されたことがあります。

 
 
 
今回は、マツコ・デラックスの引退はいつ?

 
 
 
理由は海外移住か実業家に転身?

 
 
 
など噂になっている情報をまとめてみました。

 
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク

マツコ・デラックスが引退を考えているがそれはいつ?

異色のおネエタレントでデビューしたマツコだが、いまやレギュラー番組を多数抱え、

 
「タレントパワーランキング」でも3年連続1位と

 
“おネエ”の枠を超えた存在として大活躍しています。

 
 
 
「区切りみたいなことは考える?」と聞かれると、

 
「言葉が出てこなくなったら(芸能界を)辞めようと思う」と即答し、
 
「最近、ちょっとつまるようになってきてるのよね。
 
老化なのか、ネタが切れたのかわかんないけど」と続けました。
 
 
 
マツコ・デラックスが、自身の引退時期について言及。

 
 
 
「干された時よ」と語りました。

 
 
 
マツコ・デラックスさんは今後のおねぇ界の話になり、

 
このままだと私たちみたいなのは旧式と将来を心配していました。

 
 
 
仕事引退のタイミングに関する話題で

 
「辞めたいと思ってる人は辞めていいと思う。

 
でも仕事がなくなることに恐怖を感じる人もいるわけじゃん。

 
そういう人はできるだけ辞めない方がいいと思う」と私見を述べました。

 
 
 
自身については

 
「私なんか辞めたら絶対に終わり。何にもすることもない、したいこともない。

 
物書きだってやりたくてやってたわけじゃない。

 
あんな文字を書くなんて面倒くさいこと2度としたくない。

 
今でもたまにはしてますけど、それはお仕事だからやってるだけで、あの苦痛はイヤ。

 
今だって、別にこんなベラベラしゃべり続けて小銭もらって生きるのなんて、

 
ほんとにもう……辞めたい」と吐露し、

 
「何があったんですか!?」と心配そうにツッコまれたこともありました。

 
 
 
マツコは仕事に対して「究極、働きたくない人間なのよ、ほんとは」といいます。

 
 
 
「でも働いてることにすがっちゃってるのも事実。

 
これがなくなったら本当に…屍になればいいけど、

 
こんなのがただボーッとしてたら迷惑じゃない」との理由から

 
仕方なく働くことを選んでいるとのこと。

 
 
 
そして引退時期については「干された時よ。『いらねーよお前、デブ』って言われたとき」と、

 
自ら選択しない考えを示しました。

 
 
 
バラエティー番組で人気のマツコ・デラックスに、

 
まさかの引退話が浮上していましたが本当のところどうなんでしょうね。

 
 
 
タレントを廃業し、以前から進みたかった実業家への道に入るというのもありました。

 
 
 
「周囲は必死になって止めています。

 
理由はマツコがテレビに出るだけで視聴率が上がるからです。

 
だから、事務所やテレビスタッフは大慌てなんです。

 
でも、本人はすっかりその気になっている。

 
もともとマツコは、芸能界は腰掛けと決めていましたからね」(テレビ事情通)

 
 
 
実は、マツコにタレント廃業のきっかけを作った人物がいるという。

 
 
 
なんと、世界の経済人の1人として名前が挙がる、
 
トヨタ自動車の豊田章男代表取締役社長だというのです。
 
 
 
「あくまでも噂の域を出ませんが、トヨタ自動車の名誉コンサルタントに就任するというんです。

 
マツコ本人はこの話に、最初は頑なに固辞をしていたそうですが、

 
関係者から何度も説得されたというんです。

 
最終的には、その気になったそうです」(芸能プロ関係者)

 
気になるコンサルタント料ですが…。

 
 
 
「金額はまだ噂の段階なので詳細は分かりませんが、過去の例を見るなら、

 
週に一度くらいでも年収3000万円は下らない。もっと会社に出るなどすれば、

 
数億円も夢ではないかもしれません」(同)

 
 
 
そもそもマツコと豊田社長の接点は、どこにあるのでしょうか?

 
 
 
「付き合いは、かれこれ10年になるそうです。

 
マツコがトヨタのCMを受けた後、テレビ番組で共演してから、すっかり意気投合したんです。

 
トヨタ社長の口癖は、『生まれや地位にかかわらず、心を開く』と常々言っている。

 
人を肩書で判断せず、その分野に一番詳しい人と、自ら進んで話そうとするんです。

 
だから、マツコと話して素晴らしい感性と頭のよさに感服したというです。

 
もしかしたら将来、本当に特別役員、あるいは社員として

 
トヨタ自動車に迎え入れられる日が来るかもしれませんよ」(芸能事情通)

 
 
 
経済界の大物のハートを鷲掴みにするマツコ・デラックス。

 
 
 
そのマンパワーは底知れないようですね。

 
 

スポンサードリンク


マツコ・デラックスの引退の理由は海外移住したいから?

また、やめた後の生活の話になると

 
『海外移住する!普通のとこじゃなくて』
 
『クアラルンプールとかね!マレーシアいいらしいのよ』
 
と海外移住説もありました。

 
 
 
芸能界を退くタイミングを決めているかを問うと、

 
マツコは「言葉が出てこなくなったら、辞めようと思う」と言及。

 
 
 
テレビに出なくなった後は海外への移住を考えていると明かしました。

 
 
 
また、その移住先の候補について問われると、

 
「ニューヨークとかハイカラなほうじゃなくて、クアラルンプールとか」と話し、

 
笑いを誘っていました。

 
 
 
約3割が「海外の生活に憧れがある」
 
しらべぇ編集部では、全国10~60代の男女1,732名を対象に「海外の生活」について調査を実施。

 
 
 
その結果、全体のおよそ3割の人は「海外での生活に憧れている」と回答しています。

 
 
 
説得力のある発言でお茶の間から高い人気を博すマツコだけに、

 
今回、引退についての考えが明かされたことに、

 
もの寂しい気持ちになった人も多いかもしれません。

 
 



スポンサードリンク


マツコ・デラックスは芸能界を引退し実業家に転身?

浮上している引退説では、マツコ・デラックスさんはタレントを廃業して、

 
以前から進みたかった実業家への道を進むというのもあります。

 
 
 
テレビ事情通の方によると、マツコさんは元々タレント業は腰掛けだと決めていたのだとか。

 
 
 
そんなマツコさんが廃業を決めたきっかけを作った人物は、
 
トヨタ自動車の豊田章男代表取締役だそうです。
 
 
 
豊田章男さんといえば、世界の経済人の1人としても有名ですよね。

 
 
 
タレント廃業後は‥

 
名誉コンサルタント?
 
芸能プロ関係者によると、あくまでも噂の域ですが、

 
名誉コンサルタントに就任するといわれているようです。

 
 
 
最初は断っていたマツコさんも、関係者に何度も説得されて、

 
最終的にはその気になったというのです。

 
 
 
そもそも、2人の接点は?
 
10年の付き合い
 
2人はマツコさんがトヨタのCMに出演した後にテレビで共演して意気投合、

 
10年の付き合いになるようです。

 
 
 
豊田社長はマツコさんと話をしていて、素晴らしい感性と頭の良さに感服した、という話も。

 
 
 
ちなみに、気になるコンサルタント料は?

 
 
 
年収3000万以上?
 
 
 
芸能プロ関係者によると、過去の例から考えれば、

 
週に1度だったとしても年収3000万円はくだらないとのこと。

 
 
 
もっと仕事すれば、数億円も夢ではないようです。

 
 
 
しかし!

 
 
 
会社を設立
 
そんなマツコさんは11月26日に出演したバラエティ番組『5時に夢中』で、

 
9月に会社を設立したことを告白しています。

 
 
 
その理由は働き方改革の一環でマネージャーの拘束時間が見直され、

 
運転手を雇用するためとのことでした。

 
 
 
現在、引退説も浮上していますが、9月に会社を設立したばかりなのに、

 
タレント業を廃業するなんてあり得るのでしょうか。

 
 

今回のまとめ

 
今回は、マツコ・デラックスの引退はいつ?

 
 
 
理由は海外移住か実業家に転身?

 
 
 
などを見てきました。

 
 
 
どれも噂の域を越えないですね。

 
 
 
マツコ・デラックスの需要はまだまだ数年続くでしょうから引退はまだ先かもしれませんね。

 
 


スポンサードリンク

コメント