スポンサードリンク

尾木プロが韓流タレントに選ばれる理由とは?所属タレントの現状は?

韓流
 
今回は、尾木プロが韓流タレントに選ばれる理由とは?

 
 
 
所属タレントの現状は?

 
 
 
について見ていきます。

 
 
スポンサードリンク

スポンサードリンク

尾木プロってどんなプロダクション?

プロダクション概要

 
渡辺プロダクションで、アグネス・チャンや沢田研二ら人気タレントの

 
マネージメントを担当してきた代表の尾木徹氏が、78年に設立したプロダクション。

 
 
 
タレント個々の才能や成長に合わせた多彩なプロモーションを
 
モットーとして業務展開してきました。
 
 
 
現在は人気女優の仲間由紀恵を筆頭に、演歌の城之内早苗、ポップスの華原朋美、

 
元AKB48の高橋みなみ、小嶋陽菜、渡辺麻友、俳優の石坂浩二、三田佳子、

 
ミュージカル等で活躍する新妻聖子、宮澤エマ、脚本家の田渕久美子など

 
幅広いジャンルの人材が所属。

 
 
 

新人開発システム

 
新人採用は、基本的に関係者からの紹介とスカウトが中心。

 
 
 
AKB48からはのべ13人のメンバーをスカウトしています。

 
 
 
「JUNONスーパーボーイコンテスト」では、

 
神永圭佑(10年)、愛踊祭ではChuning Candy(17)がスカウトされています。

 
 
 
また、Webデビューのオーディションにも参加。

 
 
 

新人育成方針

 
合格後はまず新人登録をし、しばらく成長の様子を見て検討されることになります。

 
 
 
契約期間中は、レッスンを受けさせながら、仕事に対する心構えを教えたり、
 
先輩タレントの撮影現場を見学させるなど、
 
プロとしての自覚が備わるよう指導を行なっていきます。
 
 
 
地方在住者の場合は、所属してからすぐに上京となるケースもありますが、

 
中高生の場合は、基本的に卒業までは地元に住みながら、
 
仕事のときだけ上京するケースが多いです。

 
 
 

プロダクションデータ

 
〒104-0061

東京都中央区銀座4-3-6 G4 BRICKS BLD. 6・7F

 
 
 
<スタッフ採用方法>
 
欠員時にのみ募集。

 
 
 
<関連会社>
 
ルーツ音楽出版(音楽出版社)、アラベスク、尾木プロ THE NEXT、Mama&Son

 
 
 
ベテラン勢に加え、人気の仲間由紀恵など 幅広い年代・ジャンルのタレントが所属しています。

 
 
 
設立 1978年03月

代表者 尾木徹

スタッフ数 30人

タレント数 40人(組)

 
 
<主な所属者>
 
生稲晃子/石坂浩二/市川美織/井上朋子/今井悠貴/多田愛佳/華原朋美/

 
神永圭佑/河村唯/霧島れいか/草刈麻有/鯨井康介/黒坂真美/小嶋陽菜/

 
呼春/榊いずみ/榊英雄/城之内早苗/高田夏帆/高橋みなみ/谷本琳音/

 
田渕久美子/Chuning Candy/仲間由紀恵/名高達男/新妻聖子/新実芹菜/

 
藤真利子/細貝圭/三浦理恵子/ミスターちん/三田佳子/皆本麻帆/峯岸みなみ/

 
宮澤エマ/武藤愛莉/森岡豊/横山ルリカ/和央ようか/渡辺麻友

 
 
スポンサードリンク

尾木プロが韓流タレントに選ばれる理由とは?

韓国ソウル市内の自宅で自殺未遂したと報じられた元KARAのク・ハラ(28)が、

 
HARAとして日本で再起を図りました。

 
元KARAク・ハラはお騒がせタレント?自殺未遂にポロリハプニング!
元KARAのメンバーで、現在ソロ活動中のク・ハラさん。お騒がせタレントとしても有名なク・ハラさんですが、自殺未遂や、思わずポロリしてしまったことなど、最近の彼女の様子をお届けしています。ぜひご覧下さいね!

 
 
日本の芸能事務所・プロダクション尾木と契約し、ソロ活動をスタートさせました。

 
 
 
自殺未遂騒動後、日本に出国していたことが現地メディアで報じられていましたが、

 
プロダクション尾木の尾木徹社長はこれを認めるかたちで

 
「契約の話し合いを進めている間にアクシデントがありましたが、

 
日本に着いてすぐ事務所を訪ねてくれて、

 
瞳を潤ませながらもう一度日本で頑張りたいと語るハラさんの姿に胸を打たれ、

 
契約を決めました」

 
と明かし、

 
「仕事をすることが一番の薬だと思います。どうぞ応援よろしくお願い致します」
 
と“親心”をみせました。

 
 
 
「プロダクション尾木さんとの契約が決まったと聞いてすごく嬉しかったです。

 
今は早く皆さんの前でよいパフォーマンスをしたいという気持ちです。

 
日本での活動頑張りますので!これからもよろしくお願い致します」

 
と前向きな言葉で結んだ。

 
 
 
韓国は、競争や環境が厳しくプレッシャーが凄いみたいですね…。

 
 
 
また、日本と比べてもそのタレントの詳しいプライベートな事情が細かく書かれ、

 
叩かれるという…。

 
 
 
接待が凄いことも…。

 
 
 
そんな環境だから、日本に来て活動しているのだと思います。

 
 
 
タレント個々の才能や成長に合わせた多彩なプロモーションを

 
モットーとしている尾木プロが選ばれたのかもしれません。

 
 


スポンサードリンク

尾木プロの韓流所属タレントは誰?日本で活躍できる?

https://twitter.com/Hara1131013/status/1143874509008564225

元KARAのク・ハラ 尾木プロダクションと契約したきっかけ

 
2019年の今年の3月には話し合いを進めていたようです。

 
 
 
きっかけは今年3月、横浜アリーナで開催された音楽フェス『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2019』で
 
同プロダクション所属のガールズグループ・チューニングキャンディーと共演した際、
 
ク・ハラから日本でのマネジメントをオファーされ、話し合いを進めていたという。
 
 
 
どうやら、5月にあったク・ハラの韓国の自宅で起きたアクシデントの前から、

 
日本での活動を検討していたみたいですね。

 
 
 
そして、アクシデント後、日本に来て契約を決めたようです。

 
 
 
プロダクション尾木の尾木徹社長はこれを認めるかたちで

 
「契約の話し合いを進めている間にアクシデントがありましたが、

 
日本に着いてすぐ事務所を訪ねてくれて、瞳を潤ませながら

 
もう一度日本で頑張りたいと語るハラさんの姿に胸を打たれ、契約を決めました」

 
と明かし、

 
「仕事をすることが一番の薬だと思います。どうぞ応援よろしくお願い致します」と

 
“親心”をみせました。

 
 
 
今回、日本での活動を決めたハラさんに対するへの日本の暖かい声が多いです。

 
 
 
・「再起を日本で図ると言うことは韓国ではそうとう叩かれるし、

 
本人もそれを分かった上での決断でしょうそれならば応援したいです」

 
 
 
・「私は個人的に韓国のタレントさんは好きではない。

 
しかし、この方達は反日発言を引き出そうとした周囲に対しても頑なに日本叩きをせず、

 
日本のファンを気遣い感謝していた事もこの方が日本の災害へ多額の寄付をして

 
心配してくれた事も知っています。

 
祖国であっても、辛い事が多かったのでしょう。

 
せめて、あなたが心配し助けてくれた日本で、

 
今度はあなたを助けてくれる沢山の友人ができるように祈っています。

 
 
……まずは、ゆっくり休んで頑張るのはそれからでも良いのではないでしょうか。

 
 
ゆっくり眠って美味しいものを食べてのんびりして下さい。」

 
 
 
多くの方のコメントにあったのは、

 
「韓国の反日発言が増える中、ハラさんは一切口せず日本への気遣い」
 
 
「東日本大震災の時も1憶ウォン(約720万円)の寄付」
 
 
といった心優しいク・ハラの行動があるからですね。

 
 
 
韓国でソロアルバムを出しましたが、それ程反響がありませんでした。

 
 
 
そんな中、日本では根強い人気でコンサートも開催。

 
 
 
日本でならやりたいことが出来ると思ったのかもしれませんね。

 
 
 
『HARA』にしてるので、歌手やモデルのようなことを考えてるのでしょうか。

 
 
 
そのうちバラエティーなど、色々チャレンジして行くのではないでしょうか。

 
 
 
韓国では栄光と挫折の中、心のバランスを崩したク・ハラが、

 
その再出発に日本選んだのは、日本のファンとしては嬉しいですね。

 
 
 
これからのHARAに注目です!

 
 
 
KARAの元メンバーも日本で活躍しているので、

 
こうなったらKARAがもう一度集結してもらいたいと、望んでしまいますね。

 
 
 
本当に、色々大変だったと思いますが、これから日本で活躍していってほしいです。

 
 
 
応援しています!

 
 

今回のまとめ

 
今回は、尾木プロが韓流タレントに選ばれる理由とは?

 
 
 
所属タレントの現状は?

 
 
 
について見ていきました。

 
 
 
主に、元KARAのク・ハラさんについて調べてみました。

 
 


スポンサードリンク

コメント