渡部篤郎は渋いが年齢は?髪型もツーブロックでカッコ良いが昔は?

渡部篤郎は渋いが年齢は?髪型もツーブロックでカッコ良いが昔は? 男性俳優
渋い俳優として活躍している渡部篤郎。
コミカルな役もこなす、幅の広い役者です。

そんな渡部篤郎の年齢はいくつなのだろう。
髪型もいつもカッコイイのですが、若い頃からのだろうか。

そんなちょっとアンニュイな雰囲気を醸し出す彼の疑問を、紹介いたします。
渡部篤郎の本当の姿を覗いてみてください。

スポンサードリンク


スポンサードリンク

渡部篤郎は渋いが年齢は?経歴やプロフィールも!

渡部篤郎の髪型がツーブロックでカッコ良い!
渡部篤郎は、1968年東京都新宿区の出身。年齢は58歳です。
高校へ進学しますが、中退してしまいます。

その後、丹波哲郎が運営していた丹波道場に所属して、「日活ロマンポルノ」にも出演をしています。
そして、1991年、五木寛之原作ドラマ『青春の門』(テレビ東京)の主演(主人公・伊吹信介役)で出演します。

その後数々のテレビドラマや映画の端役で出演します。
そんな中、1995年の大江健三郎原作、伊丹十三監督の映画『静かな生活』で、障害者の息子イーヨー役を演じます。
この作品で日本アカデミー賞新人賞と優秀主演男優賞をダブル受賞します。
1997年にドラマ『ストーカー 逃げきれぬ愛』で、高岡早紀につきまとうストーカー役を演じ、以降数々の連続ドラマに出演するきっかけとなります。

それからは、主演や助演で数々のテレビドラマや映画に出演するようになります。

「ケイゾク」「外事警察」などの渋い役割と、「警視庁いきもの係」「パパ活」そして現在の「ルパンの娘」などの優しい役柄をどちらもこなせる役者として、その上手さを発揮しています。

また、渡部篤郎の好感度が高い証拠として、現在流れている「アコム」を始め、20社以上のCMに出演しています

スポンサードリンク


渡部篤郎の髪型がツーブロックでカッコ良い!

渡部篤郎の髪型がツーブロックでカッコ良い!
渡部篤郎の髪型は、トップを残しつつ耳より下の部分はバッサリ刈り上げているようです。
そして、ツーブロックは、軽めのパーマがかかっています

トップにゆるいパーマを当てていることで、サイドとバックの刈り上げがより目立ってオシャレ感を際立たせているようです。

しかし、この髪型は最近のもので、以前はドラマによって、前髪をおろしたり、オールバックにしたり、役に合わせて変えているのです。
どれも渡部篤郎らしくて、カッコイイ髪型です。

また、最近は白髪を隠さない為、実際の年齢より老けて見えるとの意見もあります。
それも彼なりの演出で、役にあった髪型に徹底しているからなのでしょう。

スポンサードリンク


渡部篤郎の昔の若い頃は?

渡部篤郎の昔の若い頃は?
渡部篤郎は、メジャーデビュー後、週刊誌で当時の作品が掲載されますが、「修行と駆け出しで何でもやった。」と本人が言うように、何でもやっていたようです。

それが若い頃の写真にも表れていて、色々な髪型にしてイメージを変えています。
今のダンディさは観えませんが、ワイルドでやんちゃなイケメンという表現があっていると思います。

煙草を咥えた写真などをみると、カッコイイと男も思ってしまう程です。
ある意味悪ぶっているところが、その雰囲気を醸し出しているかもしれません。

少し前までのちょっと怖いイメージとアンニュイなイメージは、若い頃に培ったものだと思われる写真が多いです。

今回のまとめ

渡部篤郎は、演技派の役者として確立されました。
どんな役もきちんと演じてしまう役者なのでしょう。

年齢が重なってその重厚感も演技に表れています。
老けた渡部篤郎もカッコイイと思わせてしまうのは、その演技力なのでしょう。

今後、彼の演じるコミカルな部分も含めて、カッコイイ演技もあわせて、演技力を観せて欲しいと思います。
彼の出演するドラマは、そんな期待も込めて楽しませくれるので、お楽しみください。

スポンサードリンク

コメント