スポンサードリンク

t-aceの年収や年齢は?過去がヤバイ!キャバ嬢に人気は何故?

ミュージシャン
 
複雑な家庭環境で育ったt-aceは心に響く曲が魅力でファンも多いカリスマラッパー!

 
 
 
今回は、t-aceの年収や年齢は?

 
 
 
過去がヤバイ!

 
 
 
キャバ嬢に人気は何故?

 
 
 
などについて見ていきます。

 
 


スポンサードリンク


スポンサードリンク

t-aceの年収や年齢などプロフィールは?

https://twitter.com/nakanohito777/status/1148601517223624705
 
 
名前:t-Ace(ティーエース)

生年月日:1981年4月3日

出身:沖縄

職業:MC(ヒップホップ)

 
 
38歳ですね。もっと若く見えます。

 
 
 
『 t-Ace(ティーエース)』さんの年収は2億5千万円〜3億の間だそうです。
 
 
 
t-Aceさんは個人事務所を設立し経営して自分をマネジメントしています。

 
 
 
曲もインディーズで出しているため、

 
印税やライブ売り上げがダイレクトにt-Aceさんに入り収益となります。

 
 
 
ひときわ目立つのがやはりタトゥー!

 
 
 
縦半分にびっしり入っています。

 
 
 
初対面の人はちょっとびっくりしそうです。

 
 
 
t-Aceは様々な曲を出していますが、
 
その中でも自身のタトゥーを題材にした『超ヤバイ』が話題になったらしいです。
 
 
 
t-Aceは1981年、沖縄県で生まれて3年ほどで父親の仕事の関係で千葉に引っ越しました。

 
 
 
いわゆる転勤族ですね。

 
 
 
その後、両親が離婚してしまい、親戚に預けられました。

 
 
 
たらい回しにされていたそうですが、t-Aceは7歳の頃、

 
彼の祖母がひきとり茨城に住むことになりました。

 
 
 
ただその後も、父親と暮らすことになったそうで、

 
小学生の頃は引っ越しや1人の生活もおくっていたそうです。

 
 
 
転校も多くて、友人も作りづらかったでしょうね。

 
 
 
t-Aceが12歳になった頃、父親と再婚相手の母親と、一緒に暮らすようになりました。

 
 
 
腹違いの弟もできたそうですが、一緒の生活が馴染めずに、

 
ほとんど外で友人たちと過ごしていたそうです。

 
 
 
HipHopに出会ったのがこの頃で、14歳の時。
 
 
 
先輩たちの影響でDJを始めました。

 
 
 
すっかりのめり込んでしまったそうで、中学を卒業する時は「音楽を職業にする」と決意。

 
 
 
そして、今ではカリスマラッパーとして名を馳せています。
 
 
 
T-Aceの本名は、翼です。
 
 
 
平成で最も人気のあった名前ランキングだと第7位に入ってるそうですよ。

 
 
 
年収3億って凄すぎです。

 
 
 
大雑把に収入源を考えると次のようになります。

 
 
 
・YoutubeのMV
 
『超ヤバイ』が一番再生数がありますが、他の作品も100万単位の再生数稼いでいます。

 
 
 
月数百万~稼げてるんじゃないでしょうか。

 
・live&グッズ(物販)
 
ライブ自体はお金かけると利益がでるとかでないとかって話だけど、

 
物販で売り上げてるのでしょうか?

 
 
 
回数やればyoutubeと同様利益が高そうですね。

 
 
 
まさかの貴金属も物販してました。

 
 
 
t-Aceは、テレビ出演でギャラも入りますね。

 
 
 
あまり見かけないから少ないでしょうか?

 
 
・会社が法人で個人事業主
 
t-Aceは個人で経営してるので、ほとんどの利益を自身の物に出来ますね。

 
 


スポンサードリンク


t-aceの過去がヤバイ!

https://twitter.com/JOJO_zero_143/status/1147066006331723776
 
t-Aceの父親の転勤で沖縄から千葉に引っ越すことになりますが、

 
母親と父親は離婚してしまいます。

 
 
 

t-Ace(ティーエース)の生い立ちは?

 
t-Aceは沖縄で生まれましたが、父親の転勤で生まれて3年ほどで千葉に引っ越しをしています。

 
 
 
その後t-Aceが4歳の頃両親が離婚し母親は出て行ってしまいました。

 
 
 
父親との二人暮らしがはじまりますが母親のぬくもりを思い出しては涙していたt-Aceでした。

 
 
 
そのうちに父親からの虐待も始まり、拳で顔や体を殴られる痛みよりも恐怖に怯える毎日で、

 
酔いつぶれ泣きながらt-Aceを殴り蹴りつける父親は

 
t-Aceにとってはたった一人の肉親なので嫌いにはなれなかったそうです。

 
 
 
やがてその生活にも無理が生じ、

 
父親とは別れて暮らすようになりt-Aceは親戚中を転々としました。

 
 
 
親戚には嫌な顔をされるので夜中に逃げ出し怒られたこともある…そんな生活の中、

 
t-Aceは父親には2週間に1度だけ会っていました。

 
 
 
そしてt-Aceが12歳になった頃、

 
再び父親と暮らすようになりましたが新しい母親もやってきました。

 
 
 
しかしt-Aceは新しい母親や離れていた父親との生活に慣れることができず、

 
父親からの暴力も続き義母からはご飯を出してもらえないと言うネグレクトを受けていました。

 
 
 
そんなことからほとんどの時間を外で友達などと過ごしていたそうです。

 
 
 
そんなt-Aceは家庭ではすれ違いも多くほとんど笑顔を見せることはなかったと言います。

 
 
 
ヒップホップに出会ったのがちょうどこの頃で、
 
「友達や先輩に恵まれた」とt-Aceが言うように、先輩たちの影響でDJを始めることとなります。
 
 
 
t-Aceにとっては初めて好きなことができ、

 
どんどんのめり込んでいきt-Aceが中学を卒業する頃には

 
「この音楽を職業にする」と決めていたそうです。

 
 
 
高校へ進学することを決め、入学したもののすぐに高校を退学してしまいました。

 
 
 
そして東京に憧れていたt-Aceは、

 
千葉県松戸市に住む親戚を訪ねそこで仕事をしながら生活するようになります。

 
 
 
t-Ace(ティーエース)が16歳の時、
 
自分の判断ミスによって友達が薬物中毒者によって刺し殺されてしまうという事件が起きました。
 
 
 
16歳だったt-Aceにはあまりにも過酷な事件で、彼を絶望に追いやり夢をも諦め、

 
茨城にある実家へと帰ってしまいました。

 
 
 
その後は友人に誘われた鳶職をしながら茨城県水戸市でまた音楽活動を再開します。

 
 
 
水戸市はもともとヒップホップミュージックが盛んなところで、

 
路上でテープを売るなどの活動をし、

 
たちまちそれが人気となり、初めてのリリースで1000本以上を完売させました。

 
 
 
それからもリリースを続けたt-Aceは、

 
多くのアーティストとのイベントなどで、活躍することになります。

 
 
 
t-Aceが21歳の頃、水戸ではLUNCH TIME SPEAXがメジャーデビューを果たし、
 
そのパワーに魅せられたt-Aceはラッパーへの転向を決めたそうですよ。
 
 
 
しかし、恵まれたヒップホップの環境やたくさんの音楽に囲まれた生活をするにつれ

 
t-Aceは音楽に対する不安感を抱き、

 
「この音楽には内容がなさすぎる」と強く思うようになり、

 
今現在のt-Aceが形成されていきました。

 
 
 
t-Aceは14歳の時にヒップホップに出会いDJを始め、21歳の時にラッパーへ転向しました。

 
 
 
その後はLUNCH TIME SPEAXとのユニットや、

 
MURO監修のサントラ『TOKYO TRIBE2』へ参加をするなどt-Ace(ティーエース)としての

 
キャリアを積み上げていき、

 
2008年にはほとんどのトラック・プロデュースやエンジニアをt-Ace自らこなし、

 
2枚目の自伝アルバム『孤高の華』をリリースしました。

 
 
 
そしてその翌年には茨城県民文化センターで自主公演のライブを行い、

 
1000人以上のお客を集めました。

 
 
 
2011年には『YUME-ON-ARIKA』、2012年には『Change?』、

 
2014年には『ダレも知らないブルース』をリリースし、

 
実体験に基づいた嘘偽りのないリリックと彼のセンスが多方面から高い評価を得ました。
 
 
 
震災後の2011年4月には被災地の水戸プラザホテルでチャリティーライブを開催し、

 
ラップとしては初の水戸大使に任命されました。

 
 
 
『ダレも知らないブルース』はiTunes HipHopチャートで1位をとるなど、
 
t-Aceの名前が全国へ知られました。

 
 
 
5枚目のアルバムで超問題作の『自殺よりもセックス』を発表し、

 
翌年の2016年にはブルーハーツの名曲『終わらない歌』のカバーも収録された6枚目で

 
『いいから笑え』をリリースしています。

 
 




スポンサードリンク


t-aceがキャバ嬢に人気は何故?

 
 
t-Aceは茨城県水戸市を拠点とし活動する10代・20代の若い女性から絶大な人気を得ている、
 
一夫多妻制を目標とする日本のラッパーです。
 
 
 
以前はSLASH SPIT SQUADRONのメンバーでもありました。

 
 
 
「teamクズ」や「エロ神クズお」とも言われます。
 
 
 
SLASH SPIT SQUADRONは現在活動はしていないようですね。

 
 
 
また、t-Aceさんはラッパーとして年間に70本ものライブ活動をしていますが、

 
ほかにも自身のYouTubeチャンネルをもちt-Aceさん自身の活動の幅をどんどん広げ、

 
2019年4月時点で12万1931人がチャンネル登録しています。

 
 
 
これまでのMV総再生回数はなんと5000万回以上です!
 
 
 
そしてこの人気を支えているファンのほとんどがキャバ嬢なんです。
 
 
 
t-Ace = (別名)エロ神クズお
 
 
 
どうやらラップの歌詞にグッとくる人が多いみたいです。

 
 
 
欲望丸出しのストレートな歌詞で、心をわしづかみにされるようです。

 
 
 
ライブに足を運んだ女の子を選んで、写真撮影や打ち上げ参加の権利とかもやってたそうです。

 
 
 
今、エロ神クズお♡t-Aceさんがキャバ嬢のドM心を鷲掴みにして大人気です!

 
 
 
ライブ中の客席からは「おっぱい揉んで〜!」「パンツ見て!」などという声が

 
わんさか聞こえて来て、

 
ブラジャーを振り回してアピールする女の子たちがたくさんいるそうです。

 
 
 
女の子たちは胸やお尻にサインを求めてセクシーアピールをします。

 
 
 
このような熱狂的なファンの女の子たちは『teamクズ』と呼ばれています。

 
 
 
キャバ嬢は、「自分の利益が翼さん(t-Ace)の利益に繋がるなら貢ぎます!」と言っていました。

 
 
 
t-Aceさんは5年前までは水戸を拠点に活動していたのですが全くの無名だったそうですよ。

 
 
 
その後黒髪を金髪にし、歌の歌詞も「女の子とやりたい!」「抱きたい!」を連発し、

 
外見も歌詞もチャラさ全開になり…このストレートな歌詞がキャバ嬢のハートを打ち抜き、

 
話題になり現在ものすごい人気なんですね。

 
 
 
キャバ嬢いわく…

 
「歌詞が飾ってなくていい!」「わかりやすい!」「あんな風に言われたい!」なんですって。

 
 
 
そしてそしてさらに人気爆発につながったのが『メンタルヤンキー』ダンスです!

 
 
 
「メンタルヤンキー」ダンスがキャバ嬢の間で大ウケしたんです。

 
 
 
飲み歌の定番ソングになり、

 
そのダンスをキャバ嬢たちが自分で踊りSNSにアップしてすぐさま拡散という状態、

 
t-Aceの名が全国区となりました。

 

今回のまとめ

 
どうでしたか?

 
 
 
今回は、t-aceの年収や年齢は?

 
 
 
過去がヤバイ!

 
 
 
キャバ嬢に人気は何故?

 
 
 
などについて見てきました。

 
 
 
過激で自由人という印象ですが、どこか憎めないという感じがします。

 
 


スポンサードリンク

コメント