スポンサードリンク

三木大雲(怪談住職)って誰?経歴やプロフィール!怖い話とは?

エンタメ
 
今回は、三木大雲(怪談住職)って誰?

 
 
 
経歴やプロフィール!

 
 
 
三木大雲(怪談住職)の怖い話とは?

 
 
について見ていきます。

 
 
 
夏には怪談!楽しみにしているかたも多いと思います。

 
 
松原タニシ(芸人)の経歴と事故物件に住む理由や体験談が怖すぎ!
事故物件と聞くと少々家賃が安くても たいていの人は敬遠すると思うのですが、 その事故物件を探して住み歩いているという方がおられます。 松原タニシさんは今も事故物件に住み、その体験談を舞台や 本、漫画などで発表されています。 今回は、松原タニシさんが事故物件に住む理由や そのなかでも特に怖かった体験談などを経歴などと 共にご紹介させていただきます。

スポンサードリンク


スポンサードリンク

三木大雲(怪談住職)って誰?

https://twitter.com/syoujun/status/986552831627870210
 
1972年、京都市で三木随法(教法院住職などをつとめました)の次男として生まれます。

 
 
 
平安高校から立正大学仏教学部に進学。

 
 
 
大学在学中、日蓮宗の学寮(谷中、熊谷)でも学びます。

 
 
 
実家は兄が継いだため、各地を流浪しました。
 
 
 
2005年、蓮久寺の第38代住職となります。

 
 
 
怪談をベースに法華経を絡めた説法を行っています。
 
 
 
関西テレビの『怪談グランプリ2010』と『怪談グランプリ2013』に出演し、共に準優勝、
 
『怪談グランプリ2014』では優勝を果たしています。
 
 
 
関西テレビ『よーいドン』で「となりの人間国宝」に選ばれました。

 
 
 
青少年育成のための「龍華船(りゅうげせん)」という青少年グループを結成しています。

 
 
 
寺の法務の傍ら、仏教の講演や、執筆活動、テレビ出演なども行っています。

 
 
 
過去には、京都日蓮宗布教師会の法話コンクールで最優秀賞を取った経歴も。
 
 
 
言葉の在り方を考える、言の葉研究所所長。

 
 
 
京都発プロジェクト「龍華光」の特別顧問、2018年怪談王獲得。
 
 
 
2018年OKOWA初代チャンピオン。

 
 
 
若者を中心に始めた怪談をベースとした法華経を絡めた説法が非常に分かりやすく、

 
毎回の説法会には沢山の方が集まります。

 
 
 
現在では、寺の法務の傍ら、講演や、執筆活動、テレビ出演なども行っています。

 
 


スポンサードリンク


三木大雲(怪談住職)の経歴やプロフィール!

 
日蓮宗光照山蓮久寺の住職・三木大雲氏は、

 
関西テレビの『怪談グランプリ2010』『-2013』において準優勝、

 
『-2014』で優勝し、“怪談和尚”として知られるようになります。

 
 
 
蓮久寺住職となるまで、各地を放浪することを余儀なくされます。

 
 
 
住職になって後、大黒天の夢を見て以降、数々の奇跡が身の回りに起こるようになり、

 
それらを科学的、仏教的に検証。

 
 
 
そうした体験をもとに、怪談をベースに法華経を絡めた説法をはじめ、評判となります。
 
 
 
日々の勤行の傍ら「龍華船」という青少年グループを結成し、青少年育成に努め、

 
法話を通して悩みの相談などを受けています。

 
 
 
そんな三木氏の講演は、人生、人権、平和などの内容に及び、

 
「怪談和尚 三木大雲の平和へのメッセージ ~こころはそこにありますか~」というテーマで

 
話をしてくれます。

 
 
 
また、フォーラム、セミナーでの開催もOK!

 
 
 
三木氏は、お経は、亡き人に捧げるメッセージだけはなく、
 
人生に行き詰まったときにヒントや答えを示してくれるものであることを示してくれます。

 
 
 
講演、フォーラム、セミナーを訪れた人は、

 
「生きとし生きるものは、なぜ尊いか」「この手紙 天まで届け」「見えるものと見えないもの」

 
などの法話に触れ、生きていくうえの新たな道しるべを得ることになります。

 
 
 
主な経歴
史上最怖怪談決定戦

「稲川淳二の怪談グランプリ2014」優勝!

 
 
【経歴】
 
1972年、京都市で寺院の次男として生まれます。

 
 
 
立正大学仏教学部に進学。

 
 
 
在学中には大学のほか、日蓮宗の学寮(谷中、熊谷)でも学びます。

 
 
 
実家は兄が継いだため、各地を流浪した後2005年、蓮久寺の住職となります。

 
 
 
青少年育成のため、若者を集め「龍華船(りゅうげせん)」という青少年グループを結成。

 
 
 
寺の法務の傍ら、講演や、執筆活動、テレビ出演なども行っています。

 
 
 
過去には、京都日蓮宗布教師会の法話コンクールで最優秀賞を取った経歴を持つほど
 
話術には定評があります。
 
 
 
メディア出演
 
『有吉AKB共和国』(TBS)

『ゴロウデラックス』(TBS)

『村上マヨネーズのツッコませて頂きます!』(関西テレビ)

『怪談グランプリ』(関西テレビ)

『おはよう朝日です。』(朝日放送)

『軌跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ)

『キキミミ』(関西テレビ)

『よ~いドン!』(関西テレビ)

ほか多数

 
 




スポンサードリンク


三木大雲(怪談住職)の怖い話とは?

 
また、若者を中心に始めた怪談をベースとした法華経を絡めた説法が非常に分かりやすく、

 
毎回の説法会には沢山の方が集まるようになり、

 
関西テレビの『怪談グランプリ』に出演し準優勝を獲得して以降、

 
これまでに遭遇してきた不思議な体験をまとめた本も出版。

 
 
 
京都の怪談和尚と言われるようになった所以です。

 
 
 
三木大雲の怪談説法の人気の秘密。

 
 
 
それは、ただ単に怖い話というだけではなく、

 
「昔、昔~あるところに…」といった昔話で私たちが幼少の頃より
 
教訓を分かりやすく学んだように、この怪談説法にも同様に、
 
そんな「人が生きていく上でとても大切な教訓」を分かりやすく教えてくれるからです。
 
 

今回のまとめ

 
どうでしたか?

 
 
 
住職になって後、大黒天の夢を見て以降、数々の奇跡が身の回りに起こるようになり、

 
それらを科学的、仏教的に検証。

 
 
そうした体験をもとに、怪談をベースに法華経を絡めた説法をはじめ、

 
評判となっているんですね。

 
 
 
三木大雲(怪談住職)の怪談には説得力があります。

 
 
 
色々とご活躍されているんですね。

 
 


スポンサードリンク

コメント