武藤嘉紀怪我を克服しW杯ゴールで移籍先がビッグクラブになるか?

スポーツ
 
 
こんにちは、ジョーです。

 
 
ロシア杯が始まり、サッカームード一色ですね。

 
 
日本代表が強豪コロンビア代表に勝利しましたが、これは「サランスクの奇跡

と、言われているようです。

 
 
今回は、その日本代表選手の一人である武藤嘉紀選手をご紹介します。

 
スポンサードリンク

スポンサードリンク

プロフィール!!

 
 
名前    :  武藤 嘉紀  (むとう よしのり)

生年月日  :  1992年 7月 15日

出身    :  東京都 世田谷区

身長    :  178cm

体重    :  72kg

ポジション :  MF / FW

背番号   :  9

利き足   :  右足

在籍    :  マインツ

最終学歴  :  慶應義塾大学

驚くべき学生時代のサッカー経歴!!

 
 
1992年に生まれた彼は、親の教育方針から3歳のときに

スポーツ英才教育の幼稚園「バディスポーツ幼稚園」に入園し、小学校卒業まで

バディスポーツサッカークラブで過ごします。

 
 
中学に入学してからは、FC東京のユースチームの加入するのでした。

 
 
高校は、一般受験をして慶應義塾高校に入学し、クラブ活動ではなく

FC東京ユースにそのまま在籍し、素晴らしい活躍をするのです。

 
 
179cmの高校生としては高い身長を活かした力強いプレーで2007年の

U-15高円宮杯得点ランキング2位となりました。

 
 
ポジションもオフェンシブハーフからサイドバックまでとオールラウンダーで

チームのエースとして活躍しました。

 
 
 
高校在学中にFC東京2種登録をし、卒業と同時にプロ入れかとも囁かれましたが

本人は「プロはまだ早い」という判断で、そのまま慶應義塾大学に進学しました。

 
 
大学時代には部活で活躍し、得点を量産して大学選抜にも選出され、一方では

FC東京でも特別指定選手として練習にも参加していました。

 
 
2013年の夏に、大学在学中にもかかわらずJリーグデビューを果たしてしまいます。

 
 
 
在学プロ契約という最高の「内定」を得て、卒業後のプレーでも素晴らしい活躍で

Jリーグベストイレブンにまで選ばれてしまいます。

 
 
このころからすでに海外移籍が視野に入っており、実際に海外スカウトの目に留まります。

 
 
英国プレミアムリーグのチェルシーFCドイツブンデスリーガのFSVマインツなど

4チームのオファーを受けました。

 
 
交渉の結果、FSVマインツに移籍を決め、チーム内での競争を勝ち取り

フォワードワントップの位置を担い、ブンデスリーガ史上2人目のハットトリック

決めた日本人となったのです。

 
 
彼のここまでのサッカーキャリアは誰もがうらやむ道を歩んできたんですね。

 
 

武藤の不安とは?

 
ドイツに移籍してからに彼は怪我に悩まされることになります。

 
 
2016年には右ひざの靭帯を部分断裂してしまったために10月以降の

日本代表参加を辞退せざるをなくなりました。

 
 
 
3シーズン目になった昨季も怪我と無縁の生活を送る事が出来ませんでした。

 
 
 
ブンデスリーガ第三節のレヴァークーゼン戦で鮮やかなダイレクトボレーを叩き込んだのを

皮切りに、第五節のホッフェンハイム戦、第七節のヴォルフスブルグ戦とコンスタントに

ゴールを決めるなどシーズン序盤は絶好調と言える状態でした。

 
 
しかし、10月に入ると突如失速し、11月に腰を痛めて離脱してしまいました。

 
 
 
マインツのエースに成長しながら、過去2シーズンと同様に故障によって

その能力を十分に発揮できませんでした。

ロシアワールドカップに向けて!!

 
それでも2018年に入ると彼は力強さを取り戻していきました。

 
 
年明けのハノーファー戦で3カ月ぶりに得点を奪うと、シュツットガルト戦では

ドイツ代表のGKロン・ロバート・ツイーラーから2ゴールを奪う活躍を見せ

苦境にあえぐチームにおいてその存在感を示していたのでした。

 
 
しかし4月に入って太ももを痛めてまたも離脱してしまうのでした。

 
 
これで、シーズンもまた、W杯も無理かと思われましたが、彼は最終ドルトムン戦で

電撃復帰して後半、追加点となるゴールを決めて降格の可能性もあったマインツを

残留に導く救世主となったのです。

 
 
結局、今シーズンはリーグ戦27試合に出場し、8ゴールをマークして

ドイツでのキャリアハイを残したのでした。

 
 
その活躍を認められて、西野体制となった日本代表に8カ月ぶりに復帰となったのです。

 
 
前体制では不遇な立場でいた彼ですが、やはり監督の交代は大きかったと思えます。

 
 
彼は、「やっぱり点を取らないと、FWで使われる意味はない。チャンスはできている
ので、後は冷静さが必要。そこの集中力を高めていかなければいけない

と、語っています。

 
 
彼の胸の内にあるのは、ストライカーとしての強烈な矜持でしょう。

 
 
それは、責任感という言葉に置き換えられるものでしょう。

 
 
点を取らないと意味が無い

 
 
そう主張する25歳のストライカーは、果たして

日本代表の救世主になってくれるのでしょうか。

 
 
こちらもご覧ください

カカロニ菅谷、出身高校は?サッカー経験はある?同期芸人は誰?
こんにちは、ジョーです。 24日のサッカーW杯の日本対セネガル戦で選手よりも注目された お笑いコンビ・カカロニの菅谷直弘さんの事をご紹介します。 いったい誰? ...

イングランド:ハリーケイン爆発ハットトリック!年俸や綺麗な嫁!
こんにちは、ジョーです。 ロシアワールドカップは連日は熱い戦いを繰り広げていますね。 今回はイングランド代表のハリー・ケイン選手をご紹介します。 鮮烈な代表デビュ...

ロメルルカクのプレースタイルはロシアW杯で覚醒するか?年俸は?
こんにちは、ジョーです。 今年はロシアでFIFAワールドカップが開催されますね。 その中でロメル・ルカク(ベルギー代表)選手の事を話したいと思います。 ...
スポンサードリンク

コメント