スポンサードリンク

堤真一は若い頃JACで真田広之の付き人時代はドラマ出演NGだった?

堤真一は若い頃JACで真田広之の付き人時代はドラマ出演NGだった? 男性俳優
役者としての活躍は、誰もが知っていることです。
それほど、舞台・テレビドラマ・映画と堤真一の活躍している場は広いです。

そんな堤真一がテレビドラマの出演をずっと断っていたと言われています。
それは本当のことなのでしょうか。
今の活躍からは、とても想像できないことです。

堤真一の役者になった経緯や、彼の嫁や子供についての情報。
秘められた過去や現在があるのかを紹介いたします。


スポンサードリンク



スポンサードリンク

堤真一は若い頃JACで真田広之の付き人だった?

堤真一は若い頃JACで真田広之の付き人だった?
高校を卒業してから友人に誘われ、千葉真一主宰のジャパンアクションクラブ (JAC) へ1984年5月に14期生、JAC養成所研修生として第1期生として入団します。

そして、1984年のミュージカル『ゆかいな海賊大冒険』で初舞台を踏みます。

その後、真田広之の付き人を務めた後、坂東玉三郎 (5代目)主演の『天守物語』への出演をきっかけに本格的に役者を志します。

付き人を務めていた時に、失礼な態度を真田広之に叱責された経験があります。
それが理由かどうかは分かりませんが、真田広之との共演を訊かれると、その頃の気持ちがまだ深層にあるので、緊張してしまうと語っています。

この頃から堤真一は、今の事務所に所属が変わっています。
そこで、女社長から「アンタ、ギリギリやで」って言われたとラジオで語っていました。
当時35歳くらいであったため、ドラマに出演できるギリギリの年齢とのことです。
舞台を中心にやりたいという堤真一に対して、ギリギリやからやっとかな、あかん!と言われたそうです。

それでドラマに出演するようになり、運命が変わったのです。
ドラマに出演するようになってからの活躍は、「ピュア」「やまとなでしこ」と続々話題の作品に出演しました。

また、それが映画への広がりにもつながっているのだと思います。


スポンサードリンク



堤真一は若い頃はドラマ出演NGで断りまくっていた!

堤真一は若い頃はドラマ出演NGで断りまくっていた!
先程も触れましたが、堤真一にとって舞台が自分のやっていく場所で、ドラマのようにチャラチャラして華やかな世界は向いていないと思っていたようです。

そんな思い違いから、ドラマ出演を断り続けたそうです

今ではその時の思い違いがとても恥ずかしくなるくらい、ドラマの現場は大変だということが分かったとのことです。
ドラマもやりがいのある場所であることをあらためて認識したのです。

堤真一の嫁や子供はいる?

堤真一の嫁や子供はいる?
堤真一は、2013年に一般女性と結婚をしています
ネットの話題では、その女性は元舞台女優の鶴水ルイと書かれています。
年齢が16歳差ということで間違いないということですが、やっぱり違うという意見があり、情報が錯綜しています。

デキ婚ということで、長女が2013年に生まれました。
そして、次のお子様も2017年に女の子が生まれて、女の子が二人だそうです。

女性誌には、家族で歩いている様子の写真を撮られたり、長女の運動会の学校での様子が
書かれたりしています。

それほど週刊誌に書かれていても、奥さんが曖昧な書かれ方をしているのはとても不思議です。

次女が生まれるタイミングで大きな仕事が入ったのですが、家庭の事情を優先してこの仕事を断ったとの噂があります。
それほど堤真一は、家族思いなのでしょう。




スポンサードリンク




今回のまとめ

堤真一がドラマを断っていた経緯は、お分かり頂けたと思います。
あのタイミングでテレビドラマに出演していなかったら、今の堤真一はなかったのかもしれません。

もっとも事務所が変わっていなければ、これほどドラマには出ていないのです。
役者として、人として、いい出会いであった証拠です。

どんな役もこなす役者として、ベテランの域に入ってきた堤真一です。
これからどんな役柄を見せてもらえるのか楽しみです。

シリアスな物語もコミカルなストーリーも演じて魅せてくれる役者。
そんな堤真一の行き先がどこに向いていくのか見逃せません。






スポンサードリンク

コメント